THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2020年2月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    YOU TUBE MOTION / APART / LONDON, UK / 2008
    GW9003 - Amble / 2009 / Spring Collection / Ben Sherman / England, UK
    MAJESTY COMP. / Habitat / 2008 / Dayton, OH, USA
    段ボールアート
    manchester 1

    11/21
    Sat

    2010 AK 2L STAGGER JACKET / BURTON / 2009 / VT, USA
    CATEGORY:PRODUCTS

    ハイテクアウターAK。現代の高機能アウターウェアの規準である"STYLE & FUNCTION"を世に問い続けて来たAKをどのように街で着るのか?この2010年モデルはその問いに対して一つの答えを提示してきた。と私は考える。


    サイジングの問題はAKそのものがエクストリームコンディションに対応すべく、大きめであることは仕方がないことだが、テラスカジュアルとして捉えるならば、「レトロフィット」として大きめのものをわざと選ぶことも可能。ただ、プロダクトとしてのサイズレンジを広範囲で構えてくれたために、XSサイズであれば、より現代的なフィットで十分に街を歩く事も可能だ。

    また、これまで街では問題になっていたウエストゲーターを取り外し可能としたことで、ストイックささえ漂っていたAKに少し余裕を感じることもできる。

    これらを総じて言えば、iDiomが若干テックに軸足を移す中、AKの街に対しての歩み寄りは既にiDiomの領域に踏み込んできているようにも思える。

    旅や街。スポーツ観戦など。与えられた性能を使い尽くすことがない環境で着るアウター。そこにはアウトドアという言葉は存在しない。レトロなアウトドア派ではなくテラスカジュアル。そう考えれば、他にはない存在感をAKは醸し出している。



    .....商品詳細ページ