THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT

12/31
Thu

2015年 SNSで勝負しないところから始まった新たなアプローチが与えてくれたもの
CATEGORY:2015

2015年もいよいよ終わる。


写真はこの暮れにいただいたお歳暮であるが、見事に全てウイスキー。
私がウイスキー好きであることを周囲に話していた結果?というか、心のこもった贈り物。嬉しい限りだ。


プレゼントの渡し方や、プレゼントそのものの選択に悩んでいる人も多いと思うが、本当に喜ばれるプレゼントを贈るにはひとつのコツがある。


簡単だ。その人の好みを知っておくということに尽きる。
好みを知るには対象となる人と、より普段からよくお話しする必要があって、つまりは喜ばれるプレゼントを何にしようか迷うことは、すなわち、その贈る対象の人のことをよく知らないということである。そして、最終的にはよく知らない人にプレゼントを贈る必要があるのか?というところに落ち着く。


話は変わって、
今年は1年間で合計15本のダイアリーを書いたが、ここ近年ではなかなかの本数だった。これは夏あたりに、SNSでのクイックな投稿に対して、何か他のアプローチができないか?と考えたところで思いついたことがあって、それは

「SNSは短さが生命線。しかし、私の文章は基本長い。ということはSNSでは勝負できないので、SNSの短さで物足りなさを感じている人向けにこのダイヤリーを活用してはどうか?」

という役所のオッサンが考えそうなことだった。要はSNS名人とは戦わない。いや、戦えないのである。なのでダイアリー。散文散歩。これで行こうと決めた結果がこれである。


さて、今年も1年を通して、仕事、旅、モーターサイクル、読書、音楽とまたいくつかの新しい経験をしたが、総合的に見て自分が最も成長できたと感じる瞬間は、難しい問題への向き合い方であったと思う。

かつては「面倒に思わない」をテーマに自己鍛錬


(ま、新年を迎えてその一年の目標を「めんどくさがらない」と決めていただけ。結局何年経ってもめんどくさがる自分がいたので、しばらくは新年を迎える度に「今年もめんどくさがらないで行こう、でいいか」としていただけ。つまりはずっとめんどくさがりだった。)


を細々を行っていたが、ここにきて今年あたりからは難しい問題が表にでてくると、「これ、こういう風に普通は対処するよね。でも、それだと普通だから、何か違う方法でアプローチして違う結果を出してみよう」なんて思うようになった。


自分で言うのもなんだが、大成長だ。世の中、または人生においてはいろいろな壁が存在しており、更に言えばパスしてもよい壁と越えなければいけない壁がある。


厄介なのは越えなければならない壁で、なぜ越えなければならないかというと、その壁を超えない程度のところで自分自身を固定化する危険性があるからだ。これは資格試験の類とは異なる。むしろ、地味な中間試験や期末試験の中にそのエッセンスは多く、つまりは1回試験を通れば終わりというものではなく、なんども実力を試される種類のもの。越えなければ何度もそこで躓くというクールな仕組みが待っている。

そんな壁だが、超え方そのものはその人次第。選択肢が存在するということに気が付いたのが2015年の最も大きな収穫であった。


と、そんなことを言っているときっと自分には超えられるかどうかわからないくらいの大きな壁が2016年には控えているのかな?なんて考えたりする。


でも、そういうことがあるからまた成長できるのであって、成長することの最も大きな恩恵は、「たいくつしないこと」である。


さ、今年なかなか自身の成長を感じることが出来なかった人も、2016年は小さな挑戦に勝利するというところから始めてみよう。その経験が来年の今頃、あなたに「あー成長したな」と思わせてくれること間違いないから。