THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2018年11月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    シーズンオフサービス
    WHEELIE DOUBLE DECK /2000 / BURTON / VT. USA
    wesc ladies winter 07-08
    MW2013M GENERAL / Ben Sherman / 2009 / Summer Collection / England, UK
    08 AK vs 09 AK - 気になるサイズの話

    05/22
    Fri

    準備することの楽しみ
    CATEGORY:GALLERY

    mercのAD、クリエイティブが届いたのでthewg.jpをお楽しみの顧客の皆様もご覧ください。


    1999年だったか、あるパンク系のライブ(海外出身のバンド)を見に行った際、ある事に気がついた。オーディエンスのほとんどがいわゆる「普段着」なのだ。

    *これは私、Governorの個人的な感想であり、特に特定のルールに当てはめているわけではありません。

    そもそも音楽を楽しむ訳だから、基本的にはどのような服装でも問題はない。しかし、その時に心配になったのは、「せっかくのライブなのに、特にこれに期待するわけでもないのかな?」と言った、「準備することの楽しみ」についての意識の違いである。

    旅もデートも音楽も、ある意味準備が一番楽しい。と私は考えている。

    準備を整えるプロセスは、その目的に向かって確実に前進していることを実感できる数少ない機会だ。目的はできれば旅だとか、そういうものの方がその楽しみは実感しやすいが、私の場合は仕事の準備、例えばプレゼンテーションに備えることなども、準備が楽しい目的のひとつだ。

    ライブに出かける事。当然気になるのは同じライブを見に来ている他のオーディエンスであり、実際に私も相当に気合の入った人達にいろいろと影響を受けて来た。「あー、あれくらいやってもいいんだ」という具合に。

    その行き過ぎかどうかの境目を見計らいながら進める準備の楽しいこと。結果として、ライブ会場でのさらに楽しいひとときが待っている。仕事帰りに地元のライブハウスに立ち寄ったりすることもある今の私にとって、昔ほどいろいろな準備をする訳でもなくなったが、会場で出会う気合の入った人達には今でも刺激を受けることが多い。

    mercはLiveの現場とは非常に関係が深い。今期のクリエイティブはさらに、それを全面に押し出したもので、「これはさすがにステージじゃないと、普段は行き過ぎかな?」と思うような内容も含まれている。ただ、刺激を受けることで、「そうか、これくらいはOKなんだ」とまた感じることができるので、これはこれで素晴らしい内容だと考えている。



    Photo : merc london