THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT

11/26
Mon

STRIDA3.3 おりたたみ時の寸法
CATEGORY:PRODUCTS

先日、三条烏丸から祇園までタクシーに乗った時の運転手さんとの会話。
最近は人は多いが、タクシーそのものはヒマだということ。タクシーの台数が多すぎることもあるが、かつて7、8社あったタクシー会社も3社ほどに統合が進んでいるとのこと。

その会話の中で運転手さんがもう一言付け加えた。
「最近は皆さん、歩きか自転車。健康にええとのことで、昔みたいにタクシーをサッと使ってということはあらしません」とのこと。確かに京都は自転車の街。住んでる本人たちが一番その利便性を知っているというわけだ。


さらに。先日お客様がギャラリーに来られて「STRIDAの寸法をはかりたい」とおっしゃった。これは大歓迎で、これこそプロダクト・ギャラリーの醍醐味。
で、何に入れるんですか?と聞くと「会社のロッカー」とのこと。

これにはさすがにやられた。素晴らしいアイデア。


ということで本題。 MINIやトヨタの車に楽勝で搭載可能ということはこれまでに何度か触れてきたが、具体的な寸法についてはそういえばあまり触れた事がなかった。オフィシャルの発表数値とは別に実際に測ってみた。


写真1:一番長い部分。これを仮に「タテ」とする。ここは実測で115センチ。余裕を見るとすると120センチというところ。

写真2:次に長い寸法のスタンドからクランクまで。これを「ヨコ」とする。
ここは実測で57センチ。余裕をみるとまあ60センチというところか。

写真3:最後に幅。なんと言ってもペダルがある。ここを折りたたみ式ペダルにするとさらに幅を狭くできるが、折りたたみペダルが最近になって転倒原因になりうるという情報もあるので安易にはお薦めできない。ということでオリジナル状態のペダルーペダルでの実測38センチ。余裕を見ると40センチということになる。

まとめると
余裕を持った寸法で
タテ120cm × ヨコ60cm ×幅40cmがSTRIDA3.3を収めるための寸法となる。


これを列車、飛行機に乗せてゆっくりご旅行とおっしゃる方、是非ともTHE WELBECK GALLERYまで。試乗車に乗っていただいて、使い方も含めて実際のプロダクトを体験していただきたい。
.....商品詳細ページ