THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2020年2月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    signature
    ハーレーが遅いと誰が言った?
    スポーツマーケティング
    アタッシュかDIGIか
    WRAP SKIRT / Lambretta / 2009 / Japan

    07/24
    Tue

    第4世代iPodはどこへ?
    CATEGORY:PRODUCTS

    夏の旅に一役買ってもらおうと思ってGravisのG-CASEを改めてよく見てみる事にした。

    まず、このプロダクトにおいて決定的なのは第4世代のiPod専用とのことだ。
    第4世代が一体何愛用されているかは知る由もないが、第4世代以外で使用しようと思うと、使い手の創意工夫が必要となる。ただし、ケースに収まればの話だが。

    プロダクトの特徴としてはまずはプロテクション。様々なiPod専用ケースが存在するが、このG-CASEは衝撃に対するプロテクションについては高いレベルにある。傷防止程度であれば他にもっとミニマルなものが存在するが、シェルで衝撃を吸収しようとするものは以外と少ないのは事実である。

    次にインターフェース。
    このケースに収納した状態でのiPodの操作はおせじにも快適とは言えない。しかし、これはシェルによるプロテクションを確保するために仕方のないことである。基本的に電源を入れるなど一度の操作であとは放置する使い方に合っているとは思う。ヘッドフォンケーブルなどを通す穴はちゃんと空いているので、そこは問題なし。しかし、インターフェースケーブルを通すには小さすぎるので、頭を下にしてiPodを突っ込んでからケースのジッパーを半開けにしてケーブルを刺すというのがインターフェースケーブルをつなげる方法となる。

    持ち運び性能
    これについてはベルトホルダーやイヤーホンケーブルオーガナイザーがついているので、腰回りや他にBAGを持っている場合には機能しそうだ。


    これだとMINIなどで採用されている車載用のiPodインターフェースユニットも少々使いにくいものとなる。


    ここまで書くと、これのプロダクトをどうのようにして使いこなすかは完全に使い手のレベルによるものとなる。

    第4世代iPod専用。シェルによる高いレベルのプロテクション。
    使い方はあなた次第。


    GRAVIS G-CASE : 5250 JPY


    .....商品詳細ページ