THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT

10/11
Sun

SHRED BED / BURTON / 2008 - / VT, USA
CATEGORY:PRODUCTS

道楽記事です。しかも少しマニア向けですので、内容がよく解らない方は「へぇーそういうものもあるのね」という程度にお読み頂ければ幸いです。





SHRED BED(少しイングランド寄りの読みで:シャェードベッド。正式なカタカナ表記だと多分シェアードベッド?)。ESTバインディングに使う交換用ベッドである。

特に今年初めてESTバインディングを購入された方なら、最初にそのバインディングについているベッドを眺めながら「これがどんな感じになるのかなぁ?」とワクワクされていると思う。実際、パッケージとして販売されているESTバインディングはそのまま機能するし、またそのメリットは皆さんの予想を超えるものだ。しかし、ESTバインディングが持つプラットフォーム構造のベースプレート(またはヒールフープと呼ぶべきか)はバインディングマウント部を支えるために非常に強度を持たせてある。バインディングの重量の構成で言えば、このプラットフォーム部とアンクルストラップがバインディング全体の重量を決定付けているのだ。

その一方でベッド部は主にブーツのアウトソールとボードの間にあって、ダンプニング’(緩衝材)として機能している他、ベッド底部の構造によりベースプレート全体のレスポンスを決定付けている。

SHERD BEDに交換する意味は、緩衝材の部分はそれほど気にしない(例:10mのテーブルトップに果敢に挑む訳でもない)という方で、レスポンスもまあノーマルのベッドでよいという方に対して、軽量化と若干のレスポンスアップをもたらすというものである。特に軽量化については、体の小さい方、体重の軽い方、女性の方には相当大きなメリットをもたらす。落下運動であるスノーボードは物理だ。重力下においては重量は落下速度には貢献するが、体を使って操作などする場合には重いものはそのまま体力を要するということになる。

また、C60などベッドが硬いバインディングにはレスポンスを逆に緩める効果がある。特にC60でレスポンスを緩めたい方は、SHERD BEDに交換することで、最軽量のC60がさらに軽くなるというオマケがついてくる。




.....商品詳細ページ