THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2018年5月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    SNOWBOMING JAPAN
    Roger De Coster MX boots / alpinestars / Italy / mid 70's その後
    テラスカジュアル講座 Oi Polloiのリリースから
    第4世代iPodはどこへ?
    BOYSDNTCY AREth / Akiyoshi Takada / 2009 / Japan

    10/20
    Tue

    1808221 - DAKERS / merc london / 2009 / England, UK
    CATEGORY:PRODUCTS

    非常にベタなmodフーディー。しかしこういうものも、欲しいとおっしゃる方がいらっしゃるのでご用意させていただいた。





    Tシャツや他のものにつくターゲット。これはそもそもポップアートの図案として当時は用いられていた。いわゆる英国空軍モノというわけでは必ずしもない。

    こうしたmod論とも言うべきものは本国とここ日本では大きく異なる点がたくさん存在する。そもそも、日本においては英国から海を越えて伝わって来たものだし、日本に住む人の解釈も加わって独自のmod論が定着することは、なんら不思議なことではない。

    ごく簡単に言えば、modとはモダーンズ。流行最先端のさらに先を目指すという意気込みの集まりという風にも解釈できる。

    例えば、40年代に端を発した60年代ノルディックモダニズムの先端に興味を持ったり、それらがスペースエイジものへ変化したり、現代アートを愛したりというのは、よりモダンなことを目指している証しでもあった。

    ステージは生演奏という概念ではなく、「表現」として受け止められ、ピートがSGをぶっ壊すのも「曲の終わり」や「派手で暴力的なパフォーマンス」というものではなく、「ギターを壊す表現を含むその日のステージ」だったのだ。

    幸運なことにここ最近ではここ日本でも若い人達が自分の好みや興味に素直に向き合うことが出来、その結果、一昔前では考えられないほど、様々な一部マニアックとも言える知識と見識を備えている。その点から言えば、1980年代の東京モッズシーンにはなかった、ファッション、スクーター、音楽だけではない現代のmodを自でいく人は多い。

    そういうわけで、これらベタなものは、当時のその先端を競った時代に思いを馳せると言う点でよいピースかもしれない。


    1808221 DAKERS: 12800円

    .....商品詳細ページ