THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2020年2月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    さよなら2016
    プライベート
    THE WELBECK GALLERY Limited Colour Bangles / Vassel + THE WELBECK GALLERY / Japan / 2008
    NEW REMER JEAN / Analog / 2009 / Irvine, CA, USA
    1460 + 1490 / DR.MARTENS WOMEN'S PRODUCTS

    08/10
    Mon

    2010 BURTON ESCAPADE EST + SUPREME ASIAN FIT サイズマッチング
    CATEGORY:PRODUCTS

    EST BINDINGS選びで今最も盲点になっていることがそのサイズマッチングである。

    BURTONは業界では相当早い時期からバインディングをボード(滑走するもの)とブーツ(人体)をつなぐインターフェースとして捉え、S、M、Lと言ったサイズを持つバインディングの開発に力を入れて来た。既に多くの方がブーツとバインディングのフィットについて注意を払っており、それが実際のレスポンスや快適性に大きく影響することを知っている。しかし、そのようなことを知らない方々にとっては、購入するお店を信用するしかないが、全てのお店が実際にこのサイズ問題について特別の注意を払っているとは限らない。ということで道楽ではあるが、まじめに女性用ESTバインディングのサイズマッチングについてお話する。


    今回用意したものは2010 ESCAPADE EST BINDINGSのSサイズと2010 SUPREME ASIAN FITのサイズ7(24.0cm)。これを聞き、写真を見た時点で驚いている方も多いかと思うが、実際サイズ7のブーツにはEST BINDINGSのSサイズがベストマッチだ。

    これには理由があり、ひとつはESTバインディングの構造にある。そもそもベースプレートを持たないプラットフォーム構造のESTバインディングはベースプレートを持つノーマルバインディングと比較した場合、ESTバインディングは若干幅が広い。同時にブーツ側のライナーとアウトソールの小型化がある。簡単に言えば、バインディングは若干大きく、ブーツは小さくなっているためにこれまでのよくあるサイズのブーツにはMバインディングという構造が崩れつつある。


    .....商品詳細ページ