THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2018年12月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    VW Beetle/SF / Luis Perez / 2010 / Spain
    2018
    READING AUTUMN 8
    STRIDA 2
    インプリントライナーの実力

    06/01
    Sun

    Quincy Jones
    CATEGORY:GOVERNOR

    5月の"MYGW"で報告したが、住居のレイアウトチェンジを行った際に大量のCDを整理した。

    その中で何かと話題の多いマイケル・ジャクソンの作品がいくつか出て来たので、この機会にとライナーノーツを読み返し、必要なものは部屋のiTunesに収めることにした。(*写真はBadを収めているところ。「Badを読み込み中」という表記が面白い)

    その中で当時は全く気がつかなかったこととして、この頃のマイケル・ジャクソンの多くの作品はQuincy Jonesプロデュースによることを知った。

    私にとってのQuincy Jonesはメジャーどころの"We are the world"や"Ironside"、"Big Band Bossa Nova"、"The Dude"など。
    "We are the world"はいいとして、他はテレビドラマや映画などで使われた曲がほとんどだ。

    と、そんなことを考えていたら、1969年の"The Italian Job"の冒頭部分、アルプスを疾走するミウラが出て来る部分が見たくなったので、次にはDVDとそんな具合となった。この映画の音楽監督はQuincy。映画としてどうしてもMINIの印象が先に立ってしまうが、ずっと鳴っている音楽に注意していると、99分という時間を驚くほどにリズムよくまとめていることが理解できると思う。