THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2019年4月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    SP370 近況報告
    EVA / 2009 / GRAVIS / CA, USA
    virgin trains
    Henry Spraymop / Floor mop + Spray bottle / Numatic International / UK / ?
    Oi Polloi News Letter / Manchester, UK / January 2008

    07/01
    Tue

    CANTBED / accessory beds for est bindings / BURTON / Burlington, VT, USA / 2008
    CATEGORY:PRODUCTS

    そもそも、道楽でご紹介しているSnowboard Equipmentだが、道楽中の道楽プロダクトが09年の第一便で届いたのでこれも何かの縁かと思っている。

    さて、CANTBED(カントベッド)であるが、写真でお判りのようにestバインディングのフットベッドで、内側に向かってベッドにカントが入っているものである。estバインディングは2つの特徴を持つ新世代のバイディングであるが、それらをおさらいするとー

    1.The Channelシステム対応によりシームレスにスタンス設定が可能になること。バインディングマウント方法の変更によりハードウェア(ネジ)が合計2本削減することができるため、ギア全体の重量軽減につながる。

    2. 新たなベースレス構造によりベースプレート分の重量を軽量化できること。同時にベースプレートの代わりに衝撃吸収用のベッドを搭載可能となるため、バインディングフレームに用いられる素材に左右されないフレックスの設定が可能になる。

    *ただし、estマウント構造の強化に必要な部材を新たに必要とするので、必ずしも、全てのestバインディングがベースプレート方式のバインディングより軽量というわけではない)

    となる。

    となれば、特にベースプレートで達成出来なかった可変ベースプレートが可能となり、結果カントベッドなどの設定が可能となった。

    カントの話は話すと長いが、一番のメリットはスタンス幅の選択肢がふえるということである。これは上級者のみならず、初中級者がスタンスを徐々に広げていく段階でも有効なので、試す価値はレベルを問わずにあると言える。

    CANTBED : 6300 JPY


    .....商品詳細ページ