THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2018年6月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    旅の持ち物
    MEL パンク
    CARLOS LOW / GRAVIS / 2009 / Irvine, CA, USA
    UG has come to KYOTO with thier ss07 the latest collection
    明石海峡大橋 / 1998 / 兵庫県・日本

    11/25
    Sun

    整備道具
    CATEGORY:GALLERY

    SPEC.TWGをつくる整備道具(ボード用)です。

    どこでも買えるものばかりです。

    白くでデカイのが、BURTON TNTのホットスティックアイロン。こいつは一連の「デザインツール」のシリーズで5年ほど大きな変化はありませんが、適度な重量に施工面の形状とフィニッシュが非常にいいです。これまで使ったアイロンの中でベストです。

    あと、ファイルとストーン。これもBURTON TNTのエッジチューニングツールを使用しています。削ったりどうのという問題では他のものと大差ありませんが、大きさが絶妙で気に入っています。

    さらにトライスクレーパー。三角形のスクレーパーです。これはたまたま長く使っている形状なので、これが私にとって使いやすいということです。ちなみにメジャーがついていますが、「インチ」です。

    たぶん一番コスト高はここには写っていないですがWAXです。ボード整備のほとんどは今のところ新品の納品整備ですが、新品、新品でないに関わらずWAXは普通に消費されます。しかも高い。ですので基本的には手間がかかりますが効率のよい使い方をしています。よくやられる厚塗りよりかは滑走性も高いのでWAXINGの方法を聞かれた場合もその方法をおすすめしています。

    最後に一番役に立っているツール。エプロンです。汚れてもよい服で作業はしていますが、WAXはなかなか厄介者。その全てをこのエプロンがウケてくれています。