THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2018年8月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    永く使う - THE WELBECK GALLERYと最近のeco問題
    また古いもの
    Design Cities 1851 - 2008 / DESIGN MUSEUM / 28 Shad Thames, London
    床反射1
    LIGHTNING No.391 / Lewis Leathers / WHITFIELD STREET, London / 1958-

    06/29
    Fri

    シーズンオフサービス(ボード)
    CATEGORY:PRODUCTS

    シーズンオフサービスの2回目です。
    ボードについて。

    写真1:
    ボードのメンテナンスはベース(ソールまたは滑走面とも言う)が最も重要です。
    この焼結素材の一番の敵は「酸化」。酸化を防ぐことで素材そのものの寿命が延びる事と性能維持が可能です。そのためにはWAXなどを塗布します。

    写真2:
    次にエッジです。エッジは傷の補修と焼け、錆びなどを取る事で良いコンディションが維持できます。エッジでよく間違いがあるのが、チューニングとメンテナンス。乗り手の好みに合わせたエッジチューニングはもちろん可能ですが、まずはメンテナンスします。簡単に言えば工場出荷の状態にできるだけ戻すことを行います。そのためには工場出荷時のエッジスペックを知らなければなりません。あとは乗り手に合わせてチューニングを施します。初心者から中級者には「上達する」ためのチューニング。それよりも高いレベルの人には乗り手の好みに合わせたチューニングを実施します。ちなみに作業はすべて手作業です。

    写真3:
    最後というか、ベースの補修についてです。正直この程度の削れであればレベルにもよりますがほとんど問題ありません。ただし、その規模などの見極めにはそれなりの経験が必要となります。


    ボード、特にベースに関してはノウハウだらけでほとんど何も具体的なお話ができませんが、
    お客様自身でも実行可能なこともたくさんあることは事実。
    THE WELBECK GALLERYではご来店のお客様に限り、自分でできるメンテナンスのお話も無料で行っております。
    .....商品詳細ページ