THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT

10/17
Fri

THE LEADER / Guitar Cable / whirlwind / NY, USA / ?
CATEGORY:GOVERNOR

2本の"THE LEADER"。1本はつい先日購入したもの。もう1本は今から20年以上前に購入したものだ。

古い方は、当時のバンドの仲間から「これって永久保証やで」と言われたことと、それまでのギターシールドが本当に適当なものだったために購入を決意した。

ギターシールドを選ぶ際に重要視されることは、まず断線しないこと。次にノイズだ。ノイズについては断線が原因で発生する「ビービー音」を指すのではなく、音を出していない時に発生する「雑音」のこと。

このノイズは人によって考え方が様々であり、ノイズがヒドいかどうかの基準があってないようなところもあるので、どちらかと言えば、ほとんど人は断線を気にしていると言ってもよい。


さてこのwhirlwindのTHE LEADER。20年以上使っているが断線は一切起こしていない。実際に楽器屋さんなどでほとんど見かけなくなったために、私自身、このwhirlwind社自体が消滅してしまったのかと思っていた。言わば、「プロダクトの永久保証のみが残って、それを造っていたところがなくなる」という皮肉めいたことを勝手に考えていたのだ。

最近になってどうしてももう1本シールドを購入しなくてはならず、インターネットなどで探しては見たものの、どこにもない。最後はLive & Salon夜想のIさんに「究極細いシールドって知らん?」などと相談していた始末。

何と言ってもシールド自体購入するのが20年以上ぶりなので仕方がない。

そんな時、よくいく近くの楽器屋さんで諦めながら売り場のラックをボォーッと見ていたら、ジャックの形状は違うが似たようなものが、、、
そう、whirlwindを発見したのである。そしてそのあたりをガサガサ探すと、ホコリをかぶったTHE LEADERが出て来た。

「これや」

プロダクトと人の出会いでもあるが、この話を通じて理解していただきたいことがある。通常もって3年程度のものが20年以上も機能すれば、すでに「永久保証」すら超えた感覚すら覚える。また同時に古いものが普通に機能するので、新しいものを買わなくてもよい。さらには、それを大事に使う自分に気がついた時、「ものもちがよい」という言葉の良い部分を心の底から感じることができるのだ。