THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2018年10月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    SP370 SUZUKI MOTOR CO.,LTD - 1978
    Skyline- GC10 / Nissan Motor Co.,Ltd. / 1968 - 1972
    CAP STRAP - 07以前のBURTONバインディングをお持ちの全ての方へいいお話。
    アタッシュかDIGIか
    さよなら怪人。

    05/24
    Sat

    KYOTO ART & CULTURE MAP
    CATEGORY:GALLERY

    昼前から小雨が降る今日の京都。ギャラリーに来る前に修学旅行の生徒さん達に「二条城の行き方を教えてください」と声をかけられ、徒歩で行く方法を教えてあげた。

    その際、そのグループのリーダ−の女子生徒が持ってた地図本らしきものが気になったので、少し中を見せてもらった。というのも表紙に「自主研修に最適」といううたい文句。

    「うーん。修学旅行にも攻略本が出る時代となったのか!」と正直うなってしまった。


    今回久々にご紹介する書籍の類いである。『KYOTO ART & CULTURE MAP』。残念ながらTHE WELBECK GALLERYは掲載されていないが、入居する文椿ビルヂングと同じ1階のアイルランド雑貨のphookaさんと2階の現代アートギャラリーとカフェダイニングのneutronさんは掲載されているので、是非とも手に取っていただきたい。


    このテの地図本は特に京都に関してのものはたくさんリリースされている。実際に京都は「千年の都」にふさわしく歴史、文化などを中心に非常に密度が濃く、実際に何年間も京都に住んでいたとしても、「行ったことがない」面白い場所がたくさん存在する。

    しかし、昭和から現在にかけてのものについては、公認の文化財などになりにくいためか、観光で来られた方にはなかなか紹介されていないことも事実で、今回のこのART & CULTURE MAPは、それらをうまくまとめたものと言える。

    では、ここに紹介されているART & CULTUREとは?

    キーワードだけを紹介するとこのような感じになる。

    *ギャラリー
    *庭
    *書店
    *カフェ、喫茶店
    *ビル
    *雑貨、プロダクト
    *ライブハウス、レコード店
    *神社仏閣
    *映画館

    これらがまちのあちこちに点在し、「単に人が集まっているところが必ずしもいいスポットとは言えない」を経験することになる。



    KYOTO ART & CULTURE MAP
    アートを楽しむ京都地図本
    京阪神エルマガジン社
    2008年5月1日発行
    雑誌コード 61903-66
    定価580円