THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT

07/24
Thu

TRENT SPORT / City Bicycle / Raleigh - Nottingham, England / ARAYA INDUSTRIAL CO.,LTD. - Osaka, Japan / 2007-
CATEGORY:GALLERY

British Bicycleということでロンドンでも本当によく見かける自転車Raleigh(日本語表記では「ラレー」。本国では「ラリィ」に近い読み方)

ごく最近のことであるが、日本の老舗アラヤ工業がライセンス生産を開始し、日本国内でも普通に手に入るようになった。

面白いのはロンドンで「ラリィの自転車欲しいなぁ」と言うと、「ジャンクショップにいくらでもフレームがあるのでつくればいい」という答えが必ず返って来る。ひとつには90年代以降のCAD設計のフレームと新しいロゴに魅力がないということが、わざわざ格好の悪い新品を買う必要がないということにつながっているようだ。

それを察してか、アラヤ工業のリリースする国産ラリィはコンペ志向の最新モノに加えクラッシックなラインがちゃんと顔をそろえている。そしてこのクラッシックなライン、本国で70年代〜80年代のジャンクフレームを買って、自分で組み立てたくらいの価格設定がなされている。

自転車というプロダクトはシマノが変速機などのコンポーネントでデファクトスタンダートを握った後、自転車メーカーを完全に単なるアッセンブリーメーカーへと追い込んだ。その意味では現在のウインドゥズPCと全く同じ状況が展開されているのだが、さらには、ブランドロゴのシールだけというところも現れる始末。誰が悪いとは言わないが、そんな中今後は「自らプロダクトをつくる」という姿勢が本当に問われてくると思う。Raleighのライセンスをする老舗アラヤさん。是非ともイギリス人も一目を置く日本のモノづくりで、本当のラリィを今後もつくっていただきたい。