THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2019年7月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    SKIJAM
    SMALL PIECES
    READING AUTUMN 2
    WELBECK STREET LONDON W1
    Twiggy invites you to Britain

    04/11
    Sat

    THE WHO CHUCK TAYLOR / CONVERSE / 2008 / MA, USA
    CATEGORY:PRODUCTS

    POP ARTとR & B。60年代にその表現方法の探求を開始したTHE WHO。その後彼らの音楽作品が成功を収め、活動当初ほどの音楽と何かを混ぜた表現にこだわる必要がなくなったが、登場した時のインパクトがあまりに大きかったことは、後の世代に彼らの試みに対して様々な解釈を生んだ。

    私とTHE WHOの出会いは中学2年の頃。確か『WHO'S LAST』(1984年発表)だったと思う。ジャケットをよくご存知の方は今回のこのプロダクトのモティーフとよく似ていることを思い出すかもしれないが、ともかく、いきなりショックを受けたりということはなく、正直「何だかよく解らない」と思ったことを今でも思い出す。

    その後、1960年代から1970年代にかけての当時の英国の時代背景などを知るに従って、本当の意味で彼らの活動の意味を理解し始める。例えば、これも解釈は様々だとは思うが、ピートがギターを壊すのはそれ自体も演奏の一部であり、壊す際の音が問題も重要であり、壊す姿のみを表現として理解するのはもったいないなど。

    まあ、そんなことをここで語っても仕方がないので、プロダクトについて。
    プリントではなくステッチとパーツの組み合わせによるアッパーと細かなカラー設定はオリジナルのCHUCK TAYLORとはまた異なる特別仕様。CONVERSEのありものでプリントして適当に造っていないところが、このタグのコメントにも表れている。

    このカラーについては女性用からもサイズをそろえてみた。ので是非とも本物はギャラリーにてご確認いただきたい。




    .....商品詳細ページ