THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT

09/24
Mon

EDINBURGH
CATEGORY:GOVERNOR

秋冬モノが大量入荷中ですっかり話がプロダクトよりになっていたので少しは旅の話を。
夕暮れではなく朝のエジンバラ城(スコットランド)です。

エジンバラ旧市街の処刑広場の前に建つふるいホテルのブレックファスト・ルームから撮りました。
古いと言っても中途半端で1970年代初期の建物をデザインホテルの改修した建物です。

とにかくエジンバラ。このお城と駅、エジンバラ大学のキャンパスが街の中心を形成していますが、その古さがたまりません。私自身これまで東欧へは一度も行った事がないですが話によると東欧は何百年も何も変わっていないのが最大の魅力だとか。場所は違いますがエジンバラではその一端を感じる事ができたのでは?と思っています。

ショーン・コネリーだけではなくスコットランドの人々は「どこから来たの?」ときくとかならず「スコットランド」からと答えます。今でこそサッカーの観戦人口なんかが増えて、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド、イングランドと日本人の意識の中でもちゃんと分けるという瞬間がかなり増えましたが、便宜上一言で「イギリス」と言ってしまう。私はできるだけそうしないようにしようとしていますが、話す相手によってそれが変に聞こえてしまうときもある。なので、出来るだけ都市の名前でお話する習慣がつきました。

ロンドンまで出かけた経験のおありの方、次の機会にぜひとももう一足伸ばしてみていかがでしょうか?