THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT

02/02
Sat

郵便配達ごくろうさま
CATEGORY:GOVERNOR

留守中郵便物が届いたようで、ポストに不在通知が入っていた。
写真にあるように送り主の欄には「外国 UK様」。

私の中では「あ、あれが届いたんだ」とこの表現で一発で理解できた。




京都の住所は長い。市、区、通りの名前が二つ、それに東西南北の方向、さらに東西は「入る」、南北は「上がる」「下がる」がつく。そして町名、番地となる。

THE WELBECK GALLERYは京都市中京区三条通烏丸西入ル御倉町79番地文椿ビルヂング1階と言う住所。市、区を省き上の例にならって解説すると、

「三条通と烏丸通の交差点を西方向へ、そこの御倉町。番地は79。文椿ビルヂングの1階」となる。

1998年2月2日に郵便番号が現在のように7桁になった際、京都市内の街区も全ての住所が町名単位で7桁化された。この町名単位というのが問題で、京都の人は通常場所を示す時、交差する2つの通りの名前を使うため、急に町名で言われてもよく分からないということが当時よく報道されたりもした。

その際、特に注目されていたのが郵便配達のみなさんのことである。2008年現在ではすでに解決されているとは思うが、当時は慣れし親しんだ伝統的な住所での配達から、7桁化された町名への配達がちょっと慣れないというものだったように記憶している。

しかし、郵便配達もプロの仕事。不在通知も一発で理解できるような書き方をよく心得ていらっしゃって、受け取る人にほんのすこしではあるが「なごみ」を与えてくれるのである。