THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2019年12月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    仕事と住む場所の関係
    PIPE GLOVEで楽しもう。カタログではわからない世界
    はっきりさせましょう。機内持ち込みサイズ。ANAの場合。
    3.00 - 21 (SP370その後)
    seeking henry at john's garage

    07/28
    Mon

    Mental Model / MT vs. High tech 2 pedals transmission / BMW AG / Munchen, Germany / 2008
    CATEGORY:GOVERNOR

    メンタルモデルとは、経験から導き出されたシステムや環境の表象である。

    *出典:Design Rule Index / William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler / 2004 / ISBN4-86100-008-4

    さて、昨日Henryショーを無事終了しギャラリー内部の入れ替え(前半)を終えたのが日付が変わる頃。そして本日、通常営業のためにギャラリー在庫と新しく届いたものなどを出して来たりと非常に忙しくしていた。さらに午前中には、車検を終えたクルマを取りにいったりという状況。全て一人なので、ひとつひとつ、端っこから進めていくのである。

    ということで、ようやく落ち着いたので少し今日の話題を。
    写真は新型トランスミッションと伝統的なマニュアルミッションの選択肢を提案するイメージだ。細かいトランスミッションの話は省かせていただくとして、まずは向かって一番右側のグラフの言いたいことについて説明する。

    上の新型トランスミッションは駆動力を効率よく、途切れることなく伝達するイメージ。下のものは伝統的なマニュアルミッションを表し、階段状に上昇するのは、変速時の加速が一旦踊り場のような状態になることを意味している。

    最終的にこのグラフは、ほぼ同じ場所(またはレベル)まで到達することを表しているが、問題はこのイメージ通りのことが起ったとして、人は本当に感動したり、驚いたりするのか?ということになるだろう。ここに、Mental Modelの難しさが存在する。

    私が思うに、スポーツ志向のクルマのトランスミッションについて、それぞれ開発者は現代のF1で達成されているようなイメージのものを目指したいと考えている。正にこの上のグラフはそれを物語るものとなっている。しかし、なぜ、伝統的なトランスミッションがいまだに選択肢として残されているのか?それは、この下のグラフのようなものを好む人がまだまだ多いということとなる。

    この好みの問題は、クルマを操作する楽しさや、過去の経験の積み重ねによって形成されており、この全てを覆す経験や感動の提供が今の技術では難しいことにもつながっている。

    最後に決定要因をもう1つ。この2つの選択肢、当然同じ価格で提供されているものではない。もちろん「新型」の方が価格が約5%高く設定されている。5%と言えば、ほぼ同じ価格と考えられなくもないが、あらかじめある程度の感動が約束されているものの方が、よく解らないものより安いとなれば、人は期待できる感動を選択するものだ。イノベーションのジレンマはこのようなところにも存在する。