THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2018年11月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    消費サイクル
    anon.の傑作レンズ
    鏡割り
    ヒアリング
    2010年5月

    01/11
    Fri

    大阪王将
    CATEGORY:GOVERNOR

    餃子の王将は京都王将。写真のこちらは大阪王将である。
    京都王将も大阪王将も1960年代後半に創業した大衆中華料理店であり、創業のルーツは同じ。

    現在、日本全国で考えた場合直営、FC合わせて300店舗を有する京都王将の方がメジャーな存在だが、大阪王将も密かに人気がある。

    この2つの王将。「餃子の王将」の商標をめぐって対立した歴史があるが、一説によると裁判所のすすめにより和解。その後、餃子の王将は京都王将、大阪王将は大阪王将として看板を掲げている。

    私はかつて大阪王将の京橋店(今の帝拳ジムの並びではなく、旧片町線と京阪モールの間にあった店舗)にたまに行っていたが、その後いろいろな地域を点々とする間に、王将で餃子となると、大阪王将よりも店舗数の多い京都王将の利用頻度が上がっていた。

    昨日はお休みだったので、「そういえば」と思い立ち大阪王将へ。
    味覚の記憶では、「確か大阪王将のほうが四川っぽかったかも?」という程度であったが、実際に食べてみてその通りだった。20年以上前の記憶。味覚というものは恐ろしいと感じた。

    それともうひとつ。
    店舗イメージ。これは明るく清潔感で押す「蛍光灯の京都王将」に対して、どこかひなびた感じの「白熱電球の大阪王将」であった。

    ある意味、京都王将はソウルフード的側面が認知されるようになり、「食べる」ことがプライオリティーになっていたが、大阪王将には片町線時代のイメージが色濃く残った伝統を感じる演出であったと感じている。