THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2019年2月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    STRIDA 2
    2009 BURTON CONSUMER CATALOG / BURTON / VT, USA / 2008
    そわそわしてきました。
    READING AUTUMN 4
    Jeffy Fifty-Two / Snowboard / Uninc, BURTON / 2003-2004

    06/30
    Mon

    CO2 est / the finest est bindings / BURTON / Burlington, VT, USA / 2008
    CATEGORY:PRODUCTS

    Snowboard Equipmentなので道楽記事で。


    とてつもなく速いレスポンスと硬くない快適な乗り心地を新たに新設計したメッシュハイバックで両立したCO2。

    昨シーズン、ベストバインディングだったCO2は09になって大きく方向を転換。estとベースプレートを持つノーマルタイプの2機種をリリースし、それぞれに違った特徴を持たせることとなった。平易に言えば、昨シーズンの乗り心地を継承したのはest。ノーマルタイプはベースプレートを完全新設計して、昨年とは全く異なるバインディングへと豹変した。

    ノーマルタイプはベースプレート依存のレスポンスが表に表れるようになり、その感覚は好みの分かれるところ。08 CO2の面影はもはやそこにはない。

    それに対してCO2 est。The Channelシステム搭載のボードにしか使用できないのが、残念なくらい08 CO2をさらに洗練させた仕上がりとなっている。

    まずは昨年estの最大の問題だったバインディング単体の重量を見事軽量化に成功。これで重量的の問題からくるestを選択しないという選択肢はなくなった。

    加えて、センソリーベッドに従来のベースプレート並みのレスポンスを与えたことで、入力に対してできるだけ速く、素直に反応するバインディングへとestの技術的課題を見事に克服している。

    乗った感じとしては、若干足裏に硬さを感じるものの、得られるレスポンスからすれば、十分に快適なフレックスを確保している。ただし、今後今シーズンリリース予定の一部のest用ブーツでは、ライディング時間が長くなれば、若干のアタリを足裏に感じる可能性があるので、estブーツとのマッチングは要検討だ。

    estというボードを選ぶバインディングではあるものの、間違いなく、今年のベストバインデンィグはこのCO2 estだろう。


    CO2 est : 46200 JPY
    .....商品詳細ページ