THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT

04/10
Sat

Jimny 40th anniversary / Suzuki Motor Corporation / 1970 - 2010 / Hamamatsu, Japan
CATEGORY:GALLERY

日本車らしいクルマ。スズキのジムニー。今年で登場40周年とのお知らせが届いた。



戦後で最も変化の激しかったこの40年間。そんな中でも、あるカテゴリーの中でじっくりと踏みとどまり、地道に育成されたプロダクトが成功を収めた一例とも言える。広い意味で商品として販売されるプロダクトは常に競争にさらされていると言える。しかし、このクルマのように競争による損失を最小限に抑え、変わらない価値を提供し続ける例も存在するのだ。オンリーワンであることの優位性。クルマ業界のみならずその生きた事例として、ジムニーから見習うべきところは多い。

しかし、私個人としては最近このジムニーには少々がっかりしていた。安全性向上のための部分は必要不可欠としても、いわゆる快適装備に対するニーズに合わせる形で様々な装備が付加され続けられてきた結果、総重量が型式を重ねるごとに重くなり、このクルマの絶対的なコンセプトである「軽量かつ堅牢」という魅力が少しずつ失われつつあると感じていたのだ。

このまま行くとどうなるのか?と少々心配していた矢先、今回40周年記念車ではこれまたスズキらしい提案があった。今となっては「超」がつくベーシックグレード"XA"が限定600台だけリリースされることになったのだ。

元々ジムニーに必要の無かった快適装備のほとんどを取り去ったXA。競技に使いたい方などのニーズも存在するだろうが、私の場合この提案からは"Back To Basic"という強い意志を感じるのである。

内燃機関そのものの将来が問われる21世紀。あるカテゴリーで最も成功したプロダクトは周年を単にお祝いするのではなく、時代と自らのコンセプトを再確認しているのだ。