THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT

11/30
Fri

BURTONバインディング ベースプレートの生涯保証
CATEGORY:PRODUCTS

昨日はお休みをいただきました。
その休みを利用してお客様とのFeedback Meetingを開催。少ない時間でしたがまたいろいろと勉強させていただきました。

その中で最も興味深く、また盛り上がった話題。

「バインディングの買い替え時期はいつなのか?」



それに対しての私からの答えは「ライディングをよりよいものに進化させたい時」という考えを述べました。




単純に耐久性側面から言えば、BURTONのバインディングはその最も重要なパーツであり、バインディングのシャーシ部分となるバースプレートに「生涯保証」を付けています。これは通常の使用においてベースプレートが破断したりした場合にベースプレートを生涯に渡って交換するというもので、基本的には「一生もつ」というひとつの基準です。言い方を換えればBURTONバインディングのベースプレートは絶対に壊れないという自信の表れでもあります。

写真1は2006年(2005年発売)のMissionバインディングですが、そこには「
2005年より通常使用においてベースプレートが壊れた場合、一生涯保証する」旨のステッカーがはられています。

写真2は今シーズン(2007年発売)のベースプレートですが、ステッカーの文言が少し変わり「BURTONは構造上の問題によりライディング中にベースプレートが破損した場合に交換をいたします。誇りを持ってこの生涯保証を提供します」との旨が明記されています。


ということで、ベースプレートは一生もつわけであって、ある気に入ったバインディングを持っている場合はストラップ、ハイバックなど消耗品をパーツ交換さえすれば、一生使えて、買い替える必要はありません。


さて、話を戻してバインディングの買い替え時期。
バインディングの過去5年間の開発スピードはそれ以前と比較した場合。格段に速くなりました。理由はこのテの金型モノは金型の開発と製作に資金と時間が必要だったのが、樹脂形成サンプル製作マシーンの登場によりサンプル段階での金型製作が必要なくなったことが大きなことです。

簡単に言えば、ひとつひとつ金型を製作する必要なくテスト可能なバインディングサンプルの製作が可能になったということです。これにより構造と素材の組み合わせで性格が決まるベースプレートとハイバックのサンプル製作の時間が短縮され、より多くの諸元のテストが可能になった。これが飛躍的にバインディングの進化を速くしています。

この進化の速さが毎年リリースされるバインディングを激変させています。しかもほとんど全ての場合において確実に「良く」なっている。同じ名前、見た目が同じバインディングでもモデル年が変われば素材面では最低限変更がなされている。これだけでレスポンスと乗り心地が激変します。

ということで、バインディングの買い替えは確実にライディングの質そのものを変えます。体感パーツを求める声もありますが、実は結構その大きな部分はバイディングが担っています。

今のバインディングに問題を感じているのであれば、まずは正しい調整をする。それでも改善されなければ、新しいテクノロジーがその解決策になります。

また、今のバインディングに問題を感じていない場合でも、今の道具を実際のライディングで追い込んで行く事で、乗り手のライディングの可能性が上がる(技術的に上手くなる)ばかりか、新しいライディングの楽しみを発見することになります。


一生もつバインディング。しかし、あなたの人生は「固定されたもの」よりもより「変化」を求めている。普段の生活は冒険できないことばかり。せめてスポーツや趣味の世界くらいいいじゃないですか。
.....商品詳細ページ