THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2019年3月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    さよなら2号機
    gravis TRMINAL CASE
    京都、本日も雪なので作業
    SP370 SUZUKI MOTOR CO.,LTD - 1978 : 3
    Zip..itとZIPIt - ロゴの件続報

    07/10
    Fri

    WRECKER / GRAVIS / 2009 / Irvine, CA, USA
    CATEGORY:PRODUCTS

    グローバル・フライヤーのための最終選択肢。全く新しいWRECKER。







    WRECKERと書いて「レッカー」と読む。過去にリリースされていた「いかにもアメリカ産」のNOMADが全面改良。真のグローバル・ラゲッジとなった。
    100Lを超える容量は大きさはよいとして、満タンにした際の重量を考えれば、重量制限がうるさくない北米路線でしか実際は使用できなかった。

    今回のWERCKERは、通常フリップオープンしていた上下2つのコンパートメントをZIPに操作により本体を2つに分解できるようになった。チェックインカウンターでエクセスチャージをとられそうになった際に、さっと2つに分解し、ウィール付きのシェル部分(下半分のコンパートメント)を切り離せば、その場で重量を軽くできると言うものだ。


    とは言え、このあたりのお話はビジネスクラスで出張する人々にとってはあまり関係のない話なので、どちらかと言えば、アーティストで自分の作品をハンドキャリーする人などが最も使い勝手がよいかもしれない。

    さらに、新型。今回はシェル部分のカバーを除いて日本SMU JETWAYで評価の高いターポリンを採用した。これで天候に対してより自由な計画が立てられる。

    最後に容量。公称100Lとあるが、確実に120Lはある。重量はシェル構造のためそれほどでもないが、850mm×400mm×400mmのディメンションの物体を引っぱり、ターミナル間をダッシュするにはそれなりの体格が必要だ。




    .....商品詳細ページ