THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2018年6月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    降水確率100% - よく当たる天気予報と最近のレジャーの関係
    CONTAX TVS DIGITAL / KYOCERA CORPORATION / Kyoto, Japan / 2003
    烏丸停電
    MODS MAYDAY KYOTO 3
    2010 - X8 / BURTON / 2009 / Burington, VT, USA

    09/04
    Sun

    Yukon - GMT900 / General Motors / 2007 - / Detroit, MI
    CATEGORY:GALLERY

    1日の続きの記事かつレンタカーレポート。

    今回は日本ではほとんどその必要性を感じないフルサイズSUV。GMC YUKONをご紹介する。


    日本国内でも景気のよい時は大きなものが受け入れられることがある。その際、クルマは時代を移すひとつの象徴のような働きをする。

    日本でも80年代後半から90年代半ばにかけて、戦後の米国車ブームからは少し違った傾向を持ったアメ車ブームがあった。その主役達はフルサイズバン、SUV、トラックなどであったが、今考えてみると今と比べて日本も少しのんびりしていたのかな?とも感じる。大きなクルマでゆっくり時間を過ごす。一部では周囲に存在を誇示するための道具として使われていたが、これらの種類のクルマが本来乗りテに与えるのはクルマと自分という少し内向きの空間や時間の過ごし方である。

    さて、YUKON。サバーバンの友達と言えばなんとなく解る人もいるかと思うが、定員5名+3列目シートのオプションというのが基本構成のとにかくデカイSUVだ。収容容積もなかなかの大きさだが、SUVは基本的にタイヤをはじめ大きくクリアランスの採られた車体がクルマを大きくしているだけであって、容積効率の良いクルマと比較した場合、それほど車内がデカイというわけではない。

    ただ、嵐の中、至る所で水の氾濫などがあるとこのサイズはさすがに頼もしい。外の環境がかなり荒れ狂っていてもある程度車内は平穏を保っている。これが、このクルマの最も長所と言える部分である。

    最近災害などが多いが、実際に平常時ではない場合にどれだけ安心感を与えられるか?という課題はこうした大きなクリアランスの採られた事前準備によって達成されるのかも知れない。