THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2019年6月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    CLANS & TARTANS - James Mackay
    SCOOT!
    HARRINGTON JKT / LAMBRETTA / 2009 / Japan Produced
    STANTON / New School Style Court Shoes / GRAVIS / CA, USA / 2008
    PROGRAMME : LOVE WILL BRING US APART AGAIN

    12/02
    Tue

    LOVE 再セットアップ / SPEC.TWG / Kyoto, Japan / 2008
    CATEGORY:PRODUCTS

    昨シーズンのLOVE。LOVE自体実はその正体がなかなか掴みにくいボードの代表格だ。実際にレファレンススタンスで乗ってみると、ボードセンターから後ろ足のバイディングにかけてまるで分厚いアクリルの板が入っているかのような「塊感」がある。しかし、普通にライディングする分には十分使えるので、よくわからない感覚に支配されるボードだ。

    これは非常に簡単なことでひとつは、選ぶレングスと皆さんの体重が合っていないことが多い。基本的に「オラオラ」で「ガンガン」乗るものなので
    (*すみません、表現が下品です。)
    体重が合った場合は、この「塊感」がジャンプの着地やアイテムにぶつける際の安定感につながる。なので、コアプロファイルそのものは正しいのだ。

    さて、ではこの難解なLOVE
    (*いいねぇ。LOVEはいつでも難解、あ、すみません。また下品でした)

    を一体どの方向性で仕上げればよいのか?ということである。
    非常にカンタン。乗りやすくすればよい。要素としては2つ。エッジとベース。ベースは遅いより速い方が良いので、速くする。エッジはフェイキー多用とそうでない人の場合で変わってくるが、ともかく過敏な反応をゆるくする方向で行う。

    これで、乗りにくかったLOVEがかなり理解のあるパートナーへ早変わり。今年のLOVEにも使えるのでLOVEで悩んでいる人はCONTACTより。

    SPEC.TWG、このサービスで通常価格8400円(送料別)となる。


    .....商品詳細ページ