THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT

06/15
Mon

座れないスーツ
CATEGORY:GOVERNOR

「基本的に立って演奏するか、踊る用だから座ったらダメ」




昔つくっていただいた古いスーツだ。そもそもその目的、かつ最もそれに強いお店でつくっていただいたので、気に入っているが、とにかく座れないのでなかなか着る機会がない。

しかし、スーツを一からつくるという経験は非常に面白いものだった。

最もエキサイティングなことは採寸。採寸そのものはカラダの寸法を計ることなので、特に感動はないのだが、その採寸に対してどうするのか?というテーラーのアイデアが出てくる瞬間が面白い。

「ビシビシにいってください」と私が言っていたのに、実際にテーラ−が「ビシビシ」行く寸法を提案してくださると、そのあまりのビシビシさに今度は私自身が少し「弱気」になるのである。ここで、いわゆる汎用性を求める自分自身がいることに気がつく。

そんなことで、「エーッ」という感じでやっていると、テーラーは一言「そもそも、その目的でつくるんだったら、座ったらダメ。座れるものはまた別」と。

そんなことで座れないスーツの完成となった。

今の季節ならTHE WELBECK GALLERYではシャツのフィットについて、いろいろなお話になる。あらゆる人に対してそこそこの満足を提供するシャツをある種着せられている皆様にとっては、思い切ったフィットは時には感動であったり、驚きであったり、その反応は様々だ。

しかし、多くの方が気がつくことがある。それは、これまであまりにフィットの選択肢が少なかったということである。




ということで、話はこの座れないスーツに戻るが、久しぶりに着る機会がありそうなので出して来た。意外や意外。カラダもスッと収まった。