THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2018年12月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    ABSOLUT KURANT / VODKA with BLACK KURANT FLAVOR / V&S VIN&SPRIT AB / Ahus, Sweden / 1992 -
    Kobe / 2009 / THE WELBECK GALLERY
    MDX-G3 / Kenwood Corporation / 2001 / Tokyo, Japan
    08 SUPERMODELS
    THE WELBECK GALLERYプレゼント

    01/21
    Sun

    2018
    CATEGORY:2018

    2017年の暮を経て、2018年となった。

    ここに来て年を超すことの有難さがなぜが身にしみるようになった。
    言い換えれば、明けましておめでとうとは本当に「おめでとう」だな。と。


    さて、ここ数年で世の中いろいろと様子が変わって来た。
    一番はインターネットか。
    思えば1990年代に坂本龍一は最も興味のあることについて「The Internet」と言っていた。

    アナログからデジタルになったことで、全てはデジタルデータとなりファイルは無線通信によってやり取りされるようになった。それに加えヴァーチャル。仮想空間でのやり取りが加わる。

    同時にアプリケーションの出現により、全てのモノ、機会、経験に簡単にアクセスできるようになった。シェアリングエコノミーはアプリケーションがなければここまでの広がりは持たなかったであろう。


    そんな中、2018年はますますホンモノについて考えるようにしたいと考えている。例えばデジタル化された信号によって再生される音楽ファイルではなく、ちゃんと演奏を見に行く。シェアされた場所ではなく自分が行きたい場所に実際に行く。

    それともうひとつ。ノスタルジー禁止。古い仲間と古い話で盛り上がるのはあくまで酒のネタ。そんな仲間ともあくまで「これから何しようか?」で盛り上がる。


    まあそんなことをなぜ思うのか?は自分でもよく解らないが、
    とにかく、止まってしまったらそこで終わり。

    終活なんて定年があった時代の人達の幸せなワークでそれはそれでその人達の権利でもあるが、どうも自分たちには関係がないようだ。



    そう考えると、どうも2018年は面白くなりそうだ。