THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2017年12月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    SOY SAUCE BOTTLE / Noriaki Watanabe / Japan
    京都 雪
    CHECK SHIRTS / THE UG. / Japan / 2008
    HOLIDAY PRESENT
    Jimmy - SERIES 4 / merc london / 2009 / England, UK

    10/24
    Wed

    スズキ、ゲライロウ伝説
    CATEGORY:GOVERNOR

    まずはじめに、完全にGovernorの趣味です。

    今日いかにも「革ジャン」スタイルのVintageの革ジャンが届きました。日本国内モノはどうしてもVintageという言葉がしっくりこないので、「当時モノ」と言った方が正確かもしれません。

    タイトルのスズキ、ゲライロウ伝説とは1976年から1982年にかけての7年間。二輪世界GP選手権の最高峰クラスで連続してコンストラクターズタイトルを獲得したことを中心としたお話。



    当時スズキは500ccクラスにおいてRacerの「R」Grand Prixの「G」を冠したマシンRGを投入。その後RGA、RGBと進化させ1980年の年末についにRGγ(アールジーガンマ)を完成させる。このγ(ガンマ)こそがギリシャ語で「栄光」を表す「ゲライロウ」の頭文字から取られたものであった。

    1981年のGPが開幕。RGγは78年から破竹の勢いだったヤマハのアメリカン、ケニー・ロバーツに第2戦、3戦とやられるが同じアメリカンのランディーと熱血イタリアンのマルコの無敵のガンマ軍団を形成。マルコのシリーズチャンピオン、ランディーのシリーズ2位でシーズンを終了、文字通りγは栄光のマシンとなるのであった。

    とここまでがゲライロウ伝説。

    で、今回届いたものはそんなスズキの革ジャン。年代的には1980年代中頃のものと思われますが、革ジャンの名前が「ゲライロウ」。タグにはしっかりと"Motorcycles make the man"(得意のわかりやすい直訳で、「モーターサイクルは男をつくる」)とプリントされています。

    なかなか解釈に悩むピースではありますが、色は最高。一見ブラックに見えるダークブルーのボディーにゴールドのラインが泣かせます。基本はA2あたりのアヴィエータージャケットのコピーですが、年代でてます。


    これであなたも「栄光」を着てライディングできます。