THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2018年10月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    Chancery Lane / City Shirt / Ben Sherman / England, UK / 2008 Winter Collection
    SAVILE ROW - gravis
    KYOTO ART & CULTURE MAP
    明石海峡大橋 / 1998 / 兵庫県・日本
    さりげなくスペシャルオファー中

    10/06
    Tue

    2.5 LAYER SLICK JACKET / BURTON / 2009 / VT, USA
    CATEGORY:PRODUCTS

    これまでiDiomに採用されてきた2.5レイヤー。しかも、2.5レイヤーとしては最も成功した昨年のiDiomと同じファブリックを搭載したテラスな一着がBURTONよりリリースされた。




    2.5レイヤーは要約すれば「一部3レイヤー。しかし基本は2レイヤーラミネート」というものである。2レイヤーの基本構造を持つラミネーテッドファブリックにベトツキ防止のための細かな突起をプリントしたものである。構造が単純で十分な性能を発揮する2レイヤー。しかし、その弱点はラミネートが直接肌に触れる場合にベトツキ感があるために、どうしてもインナーメッシュなどを施す必要がある。このため最終的に単純構造の3Lと比較した場合、どうしてもガーメント全体が重くなるというものだ。そこをカバーするのが2.5L。
    ジャケット内部の構造は単純かつ軽量。たたんでしまえば非常に小さくなる。それでいてハイテク素材。この時点でテラスカジュアルのエッセンスは十分だ。

    今回のこのSLICK JACKETは加えて、ミニマルな意匠で登場。どこかに日本の美意識をも感じてしまうほどの洗練された仕上がりがよい。それでいて21000円の価格は少しもったいない気がするほどだ。


    細かい装備の点で本格的とはいかないが、ウインタースポーツにも十分対応する能力を持ち、街歩きや旅行などで「いざという時」の一着として見事に機能する。このSLICK JACKETのようにカタログで多くを語られていないプロダクトほど、後々話題になる。解っている人の一着だ。





    .....商品詳細ページ