THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2018年12月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    最初で最後ブーツのまとまった説明-女性編
    Oi Polloi News Letter / Manchester, UK / January 2008
    TARMAC新色と少しだけテック。
    BNC010 / Digital Clock Radio / Braun GmbH / Kronberg, Germany / 2013
    年末掃除 2008

    10/02
    Tue

    READING AUTUMN 1
    CATEGORY:GALLERY

    さて、読書の秋。
    THE WELBECK GALLERYではこの10月できるだけ皆さんによい本をご紹介したいと考えています。ということで、本の感想なんかでもどんどんCONTACTまでどうぞ。



    「マーケティングは愛だ」とおなじみのセリフで月曜EXテレビに登場していた慶応の村田昭治先生。それから10年近くが過ぎてから私自身マーケティングを学ぶことになります。その際にまた教わった「シンパシーのあるマーケティング」の話。大都市圏ではテクニカルなマーケティングが中心ですが、中には「魂のマーケティング」を実施している方々もいらっしゃいます。私自身はどちらかと言えば魂派。

    さて、今回はその村田先生の『なぜ彼はいつも笑顔なのか』をご紹介。
    見開き2ページ読み切りトピックスの非常に読みやすい本です。2001年に初版。その後残念ながら重版はされなかったと思います。amazonで調べてみると中古はなんと19円から!存在します。

    価格で入るとどうも中身の価値がわからなくなるのですが、私もことあるごとに引っ張りだして読んでいます。しかもいつもこの時期。多分、この本を買った時期がこの季節だったからだと思います。そうそう、昔はamazonなんてなく全て書店で買ってた。これも銀座で友人と待ち合わせの時間つぶしで寄った書店で購入しました。

    で、内容ですが「こういう人はこういうもんだ」というものの羅列にも見えますが、実は奥が深い。「じゃ自分はどうなの?」と自問自答した時に「オレは最近そうじゃないな」なんて思ってしまいます。なので、何回も引っ張り出しては読む。そうすることで変わって行く自分も確認できるというものです。

    私がこの本を買おうと思った直接の理由は私自身が「笑顔なのかニヤニヤしているだけなのか?」という問いを自分自身の中に持っていたことがあって、その時に「なぜ笑顔なのか」と来ると、もう読まずにはいれなかったというものです。

    それで、笑顔の答えはここにひとつあったというわけです。


    『なぜ彼はいつも笑顔なのか』 村田昭治 2001年6月25日第一刷発行
    勁文社 ISBN 4-7669-3836-4