THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2018年11月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    墓参り
    SAVILE ROW, W1
    サービス
    CAMELIA / GRAVIS / 2009 / Irvine, CA, USA
    Quilted Skirt / Edinburgh Quilt Factory / Edinburgh, Scottland, UK / 2004

    09/01
    Mon

    CLUB JACKET / be a trustworthy person / Ben Sherman / England, UK / 2008
    CATEGORY:PRODUCTS

    昔、ダン・エイクロイドが"The Blues Brothers"について語ったビデオを見た事があるが、その中でのブルースブラザーズがなぜ黒いスーツなのか?という質問に対しての答えが面白かった。

    「黒いスーツは組織の香りがする。相手を暗黙のうちに威嚇し、相手に質問をさせる隙を与えない。元々はUFOブームの時に、決まって朝突然玄関をドアを叩く二人組は黒いスーツであったことや、その二人組がどうもFBIらしいと言われていたことなどからインスピレーションを得た」

    いかにも陰謀話好きの彼らしいユーモアである。

    そして、いかにも「組織」の感じのするこちらのジャケット。名前もCLUB JACKETだ。しかし、同じ組織でもFBIなどとはどうも権威のあり方が異なる感じを受ける。
    どちらかと言えば、信頼を得てその組織に入った人だから安心できるという感覚か。

    本来、制服やユニフォームは「他との違い」をはっきりさせるという目的をもった服だ。しかしそれらが権威の象徴になったりもする。また同時にその人の「ひととなり」の大部分を説明してくれる非常に便利なものでもある。

    権威の象徴としてユニフォームを用いるのはどちらかと言えば合理的。それとは別に本人「なんの気なし」に着る制服はどこか自然でよい。相手を威嚇せず、安心だけをうまく与えてくれるからだろうか。


    Ben Shermanのモチーフも毎回楽しませてくれるが、今回のジャケットは恐らく後にはなかなか出ないプロダクトとなると思われる。



    .....商品詳細ページ