THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2017年11月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    COMMANDO / A Friendly Bass Amp. / TRACE ELLIOT / Essex, UK / 1979 -
    ESCOBAR / CLASSIC FLIGHT STYLE / anon.optics / 2005 / VT, USA
    敗戦記念日 - 2010年8月15日
    東急東横線渋谷駅
    Analog DENIM

    09/21
    Mon

    楽しいシャツ選び
    CATEGORY:GALLERY

    顧客のK様が楽しいシャツ選びに来られた。何度かこのDIARYでもご紹介しているように、カラー、チェックなどの柄、プリントなどを選ぶ楽しみ以上に、ザ・ウェルベック・ギャラリーではシャツのフィットを楽しむことが、シャツ選びの醍醐味となっている。




    面白いもので、おおまかな傾向としてディスプレイされている際の印象がいまひとつだったシャツの方が実際に着てみるとことのほか良く感じられるようで、実際にディスプレイの第一印象でベストだったものは着てみると、結構な確率で期待を裏切るようだ。

    確かに、柄やプリントなどをあくまで2次元の世界で見た段階でOKと感じても、実際はシャツなので3次元のものとして着た瞬間にその造形があらわれるため、当然2次元の時点と3次元では印象は異なるほうが自然と言える。

    慣れた方はまず、フィットとサイズで試着を行いそれらを固める。次にその条件の中で色・柄となるのである。

    本来ならばシャツはオーダーして仕立ててもらったほうがよい。しかし、スーツなどと違ってシャツは体に近い部分で機能し、毎日の洗濯などその使われ方も激しい。そこに既製品シャツが生きて行ける道があるのだ。

    そんな中で実際のフィットについて、皆さんは過去にその選択肢で迷った事があるだろうか?恐らく多くの場合は袖丈や首まわりなどを中心に「着れるもの」を探すことが第一目標であったと思う。

    ザ・ウェルベック・ギャラリーはそこにフィットで選ぶシャツというエッセンスを皆様に提供したいと考えている。というのは、皆さんが自分で発見されたフィットには、必ず皆さん自身を見違えさせる力があるからである。