THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT

04/06
Sun

土日はスーツにしました
CATEGORY:GOVERNOR

クリスチャンである私は、日曜日に教会に行けない仕事をしていることにどこかでうしろめたい気持がある。なのでスーツというわけではないが、土日のお休みを利用してギャラリーに来られるお客様が、きちんとキメてらっしゃるので、これはちゃんとそれにお応えする必要があると思い、いつまで続くか分からない「自分キャンペーン」のような事を始めた。実はスタートしてこの週末で3週間目に入っている。


*ご注意!-THE WELBECK GALLERYには特別なドレスコードは存在しません。なので、わざわざ来られる方はどうかお気軽に。特にお洋服やBAG選びの際、お客様の普段のスタイルが最も尊重されるべき資料になります。「その」ライフスタイルに対して正しいプロダクトのご提案をするのが、プロダクト・ギャラリーTHE WELBECK GALLERYの使命だと考えております。


私はこのスーツ出勤で是非とも皆さんに、カジュアルと仕事着の間の広大な可能性について少しでもお役に立てればと考えている。

(はい、女性の方もちゃんと聴いてね。というのはあなたの意見があなたの大切な人にとっては、最もインパクトのある意見です。以外と男性はおつきあいする女性の影響で格好よくなるものです。当然、その逆も存在します。)


例えば、ちゃんとしたデートに出かけるのに、ストリートなのか、それともレストランにコードが存在するため上着(スーツ)なのか?

よくある話だと結婚式の二次会。この二次会があたりまえになったのはここ20年の話だが、女性はいつもちゃんとしているのに、男性の二次会服は全くインプルーヴしていない。それもそのはず。二次会が日曜日の夕方とすると、次の月曜日にはタイだけ換えて出勤していないか?ということである。

と、偉そうな事を言っているが、ちょっとしたご提案で少しは何かが変わると私は信じている。カフス、スカーフ、タイ、それとシャツ。コツとしては最初、ノータイで出来る限りの可能性を模索する。大半の人はノータイでスーツだと、単なる「酔っぱらい」に見えがちだと自分で思ってしまうが、これをどれだけ改善して、自分自身「慣れる」かに挑戦していただきたい。

それこそ、慣れるころには立派にあなただけのスタイルが確立される。