THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2018年10月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    WARHOL 56 "Supper"
    BYS DNT CRY / Akiyoshi Takada / SUPERVIOLENCE / 2009 / Japan
    RUBBER ASH TRAY
    8月
    BLOCK CHECK COLLECTION / KANGOL / England, UK / 2008

    06/07
    Sun

    緑と暮す
    CATEGORY:GOVERNOR

    家の環境をよくするものとしては様々なものが考えられる。

    絵画、彫刻、書など芸術作品やそのレプリカ。気の利いた家具や照明、よい音楽を提供する音響装置。さらに緑だ。

    欲を言えば、その全てにおいてできればホンモノを取り揃えて、それらに囲まれて暮らしたいとも思うが、実際には夢のまた夢。お金がかかり過ぎる。
    なので、出来るところからコツコツとやる。ほとんどの方が少なくとも自分の住環境について、少しはこんなことをお考えだと思う。

    その中でも緑は低コストで本物をそろえる事ができるもののひとつだ。
    もちろん、高価なものも存在するが、比較的予想を裏切る安い価格で欲しいものが手に入る。なので、どんどん増えるということが難点と言えば難点。

    ただし、そんな緑もちゃんと買う者に要求をつきつける。
    それは手間をかけるということだ。置物のようにたまにホコリをとってあげればよいというものではなく、れっきとした生き物。ちゃんと世話をすることで、レプリカでは味わえない本物の安らぎを与えてくれる。しかもほんの少しの手間で長く生き続けるものもある。実際に私と暮らす緑の中でも、京都にいっしょにひっこしてきたやつもいるくらいだ。