THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2019年5月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    PaUL WeLLeR / Paul Weller / Island Records / 1992
    SP370 SUZUKI MOTOR CO.,LTD - 1978
    APART SUMMER SHOW EXTENDED / APART / London, UK
    こども用スノーボードセットアップ
    リリーフMEL

    04/30
    Wed

    D-70W / Drum Throne / Pearl Musical Instrument Co. / Chiba, Japan / unknown
    CATEGORY:GALLERY

    ドラムセット用のイスをThrone(スローン)と言う。
    何でもWeb siteで調べることができる世の中なので、当然ドラムのイスを探そうとすると、各ブランドの公式サイトに行ってみたりする。

    しかし、プロダクト紹介のページをいくら見ても"Chair"や「イス」などの表現は一切ない。Throneかハードウエアという分類の製品群にこのスローンが紹介されている。


    さて、このイス。
    私の自宅用のイスである。家でどっかり座ってインターネットを眺めたりしない私にとって、イスはどちらかと言えばソファー重視でありその主な用途は専ら読書である。そのためチェアに対してはそれほどこだわりはない。

    そのため、当初簡単で場所を取らないものとして、スツールを探していたが、スツールも丁度良いものが見つからず苦労していた。その時に思いついたのがこのスローンだ。

    スローンは楽器を演奏するためのイスなので、人によって異なる体型や体格、プレイスタイルや楽器のセッティングに対応させるために、高さ調整などのアジャストメントが可能となっている。

    さらに、一度決めたポジションが簡単に変わらないように。通常のイスでは考えられないほど、「固定する」ことにこだわった仕様となっている。

    このPearl製のものは最もベーシックなもの。価格も場所によっては5000円以下で売られてたりする。しかし、設置場所がずれないための足のラバーや、高さ調整とその固定用のハードウェア類はかなりしっかりしたものとなっている。

    使用していて、普通のイスと違うことは、カンタンに動かないこと。例えば、いかにも回転しそうな座面も一切回転しないし、座ったまま軽く持ち上げて動かそうと思っても、ラバーがちゃんとひっかかって、カーペットごと引きずることが多い。

    ただ、最も単純な構造のスツールも同じように座面などが動かないと思えば、「そのために生み出されたフォルム」が部屋にあること自体が楽しくなる。

    高級なスローンは機能面での進化が進んでおり、価格もまちまち。私は特にこだわらなかったが、好きなドラマーが使っているものをチョイスするのもよし。これも生活のエッセンスとして使えるものではないだろうか。