THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT

11/20
Fri

ドミナントデザイン
CATEGORY:2015

もうすぐ冬。
夕暮れにたたずむスズキ・ワゴンR、MH44S型(2013年)。
出張時にレンタカーで運転したものだ。


私にとってこのワゴンRはひとつの時代の終わりを感じるものとなった。
出張で全行程200キロ程度の道程をこなすにはこれで充分。
正に無印型「これでいい」の典型である。そういえば確か雑貨小売店「LOFT」の特別仕様があったのもワゴンRであったように記憶している。
さらに、2012年のG展ではグッドデザイン賞を受賞。スズキとしては同車種で3度目の受賞となった。

さて、
レンタカー市場は近年のカーシェアリング事業者などの参入などにより、より身近な存在となり、クルマはまさに所有と利用という二つの市場を相手にするようになった。

私はこれまで出張でのレンタカー使用時にいわゆるコンパクトカーを利用してきたが、今回のワゴンRによって、それらが全く無駄であったことに気が付いた。
24時間の利用で30%から40%も利用料金が異なる。もちろん、軽自動車の方が安い。そして、目的地に到達するという大目的に加え、「快適に」という付加的な価値においても、コンパクトカーと軽自動車には大きな差はなかった。

当然、クルマでは常に音楽爆音というスタイルがもたらす「騒音の違いがわからない」ということについては、それなりに大きな問題なのでこれを無視するわけにはいかないが、私は断言する。今後日本国内で使うレンタカーは軽自動車以外は使わない。

高速道路を80キロから100キロで走っても使用回転数はせいぜい3000回転程度。加えて、最新の燃費制御技術により軽自動車の欠点であった燃費問題も見事に解消されている。これで音楽を爆音でかければ、騒音も気にならないので正直「これ以上何が必要なのか?」と思ってしまう。


自動車においては現在その使用状況による「未知の領域」はほどないと言ってよい。すなわち、クルマを構成するほとんどのものはすでに技術が確立しており、いわゆるドミナントデザインの領域に入っている。すなわち、「火がつけばよい」100円ライターと「目的地にたどりつけばよい」軽自動車はほぼ同じ状況まで来ているということである。


一旦ドミナントデザインが完成されると、そのカテゴリーの市場は安定期を経ていずれ衰退する。衰退する要因のひとつは生活習慣の変化などである。


さて、皆さんにとってクルマとはもう行き着くところまで行ったプロダクトであろうか?


私はクルマには「夢」の部分がまだまだ存在していると思っている。
同時に軽自動車がその「夢」の部分についてまだまだ研究開発の余地が残されているとも感じる。

しかし、日々の使用に使う道具としてのクルマにはあまり「夢」の部分が重要視されないことも事実だ。

恐らくだが、世界各国が日本の軽自動車の輸入を積極的に認めた場合、いずれ軽自動車が世界を征服するだろう。それだけ日本の軽自動車は良くできている。日本国内においては黄色いナンバープレートが最後の障壁と言われているくらいだから、軽自動車が通常の白ナンバーになった場合、多くのコンパクトカーが市場から去るハメになるだろう。

私はこのような状況を生み出した最大の要因は「制限された中での自由」を求めた結果であると感じている。軽自動車は多くの制限を受けているが、その条件をクリアすることから始まり、次の段階としてその制限の中でめいいっぱい楽しむということが生まれ、最終的には「これ以上なにを求めるのか?」というものが出来上がった。

そう考えると軽自動車にも「夢」の要素は十分にあるとも言える。



私の大好きな911もついにエンジンのキャパシティーが小さくなりはじめた。
それから考えれば、軽自動車は既にその先を行っている。

なので、軽自動車に「夢」が必要なことをそれをつくっている人たち全員が認識してほしいと思う。その人たちはすでに自動車産業においてドミネーター(征服者)であるのだから。