THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2018年11月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    また1から
    ヨーロッパ・プロダクツ
    Analog DENIM
    GW1064 - BANK / The City Shirts / Ben Sherman / 1970- / England, UK
    石塀小路。食事とお話。時間。

    10/19
    Sun

    08 AK vs 09 AK - 気になるサイズの話
    CATEGORY:GALLERY

    道楽です。

    何かと話題の「今年のAKアウターウェアのサイズ問題」。
    標準的な日本人体型であることや昨今のシルエット事情など、1本2万円以上の高級アウターウェアを購入するのだから、簡単には決められないことも多いと思う。

    THE WELBECK GALLERYでは09AKのサイジングを男性の身長175cm以下の場合、ジャケットが街で着ることも考えてXS、パンツは街ではまず着ないのでSということにした。その理由の1つはスキニーまでは行かないが、袴のような太さのパンツは昨今の事情ではないと判断したことと、ジャケットについても「サイズをちゃんと合ったものを着ること」を再度見直してみたいと考えたからだ。

    大きめのサイズを選ぶことは、ある意味経済的ではある。特に成長ざかりのお子様なら、すぐに着れなくなる洋服でかなりの金額を投入することは、それこそ式典用のものくらいが一般的。ただ、そんな子供を持つ親御さんでも「サイズがぴったりあった服を着ていることの良さ」はよく認識されている。

    しかし、AKを買う人は少なくとも大人だ。大人が「純粋」という意味で「子供の心」を持ち続けることに対しては、私も大切だと考えているが、洋服のサイズ選びはすなわち「見た目」の問題であって、大人のあなたを見ている多くの大人は、あなたが内面にいくら純粋さを持っていたとしても見た目「大人」と認識する。昨今の「サイズ小さめ」や「タイト」「ピタピタ」などは若干行き過ぎだと思えることもしばしばだが、実際に多くの人はそれくらいを意識することで、結局はちょうどよいサイズを選ぶことに成功している。

    それだけ、過去10年間はなんでも「デカく」なっていた。これは80年代に見られた一部を極端に誇張する*ものとは明らかに違っている。むしろ、見た目の力強さが特に2000年以降重視された結果である。

    さて、写真のお話。奥は売約済みの08AK STAGGER PANTSのMサイズ。手前がたまにギャラリーで展示している09 AK CYCLIC PANTのSサイズ。パンツのパターンそのものが異なるのでちゃんとした比較とは言えないが、この2本。履いてみた感覚、見た目はほとんど同じ。すなわち、今年のSサイズで昨年のMサイズとなっている。

    これでもなんとなく太さは残るので、XSも!と思う方もいるかと思うが、そこは要注意。パンツの場合、丈がお店レベルでちょうどでもブーツを履いた際にスソがせり上がってくる可能性がかなり高い。なので、09AKについてはジャケットはXS、パンツはSとした次第だ。


    *80年代に流行した極端な誇張とは、ポケットやウエストライン、ジャケットのエリや死語になっているが、「肩パット」など、全体像を決定づけるために一部のパーツに特徴を持たせた傾向のこと。