THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2019年2月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    そろそろ来ましたか?冬。
    シーズンオフサービス
    一番後ろの窓
    カフス / Ben Sherman
    riding in london

    09/15
    Tue

    2010 iDiom 3L / Hiroki Nakamura + BURTON SG'S Department / 2009 / Burlington, VT, USA
    CATEGORY:PRODUCTS

    映画2010にインスパイアされたかのような今シーズンのiDiom。今年のテーマにおいて最も中心的な役割を果たすカラーウェイ"SMOKE"がギャラリーストックに加わったのでお知らせする。




    iDiomアウターウェアにおいて2.5Lの存在が非常に重要な意味を持つ事について、昨シーズンあたりに詳しく述べた。2010はアウターの役割を果たす範囲を少しエクストリームコンディションに寄せたため、iDiom伝統の2.5Lよりも3Lの方がプロダクトの目的に似合う仕上がりとなっている。これは私自身が昨年12月、東京で行われたプロダクト・レビューに参加した際に強く感じたことで、BURTONのアウターの中でもAKで実現できていない部分をより意識したような感覚を得た。

    BURTON AKで実現できていない部分と言えば細身のパターン。実際に山岳スポーツとしてスノーボードを捉えた場合、BURTON AKのパターンは究極の実用性を満たす唯一のパターンであり、これは当然あるべき姿だ。

    しかし、日本国内で旅行やレジャーとして楽しむスノーボード経験ではAKのパターンを「そういうもの」と理解するしかなく、「あれはあれで究極」という一定の理解の上で成り立つものとなる。

    そのような概念に対して、平易に言えば「シルエットの美しさ」が直感的に理解できるものをという意志が伝わるのが今年のiDiomの特徴と言える。

    それでいて単純に細いものをというわけではなく、3Lという贅沢かつ機能として最も優れたものと組み合わせる2010 iDiom 3L。詳細はジャケット、パンツそれぞれの解説にて触れる。
    .....商品詳細ページ