THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2020年2月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    ケンタッキーの思い出
    1509214 - NEDDY / merc london / 2009 collection / England, UK
    2010 - X8 / BURTON / 2009 / Burington, VT, USA
    インターネットの終点
    LOVE WILL BRING US APART AGAIN part 2

    02/16
    Sat

    TRAVEL BAG for STRIDA3.3+5.0 / THE WELBECK GALLERY, QUADROPHENIA / Japan / 2007
    CATEGORY:PRODUCTS

    昨日、私の書いた別の掲示板の情報をご覧になられて、あるお客様がギャラリーを訪問くださった。お問合せの内容は2007年の夏にTHE WELBECK GALLERYと広島QUADROPHENIAでCO-Developmentを進めていたSTRIDA用トラベルバッグの件である。

    写真での見た目が良さそうなので、どんなものなのか興味をお持ちになったらしい。

    正直、STRIDAという自転車はフォールディング命というその性格上、フォールディングサイクルを折りたたまないで普段の足として使う、言わば「日本的フォールディングサイクルの使用習慣」には少々なじまない点もある。

    そのせいか、THE WELBECK GALLERYではプロダクト・ギャラリーとしての役割は果たしているものの、実際にSTRIDA3.3をお売りする機会はそれほど多くないのも事実。その中で「STRIDA本体でのおつきあいがなかなかできないのに、ケースだけ先行で造るのものなー」という状況に陥り、プロトから何度かのテストサンプルを製作、テストし最終の設計は完成している状態で、プロダクションに入れないでいる状況だった。

    お客様にはその状況を正直にお話し、先行で10人でも「いっちょ乗ったるわ!」という後押しがあれば、プロダクションを検討しますとのお返事をさせていただいた。

    モノづくりは難しい。最後はリスクを超えて投資するかどうか?なんて、プロダクトの思想とは全く関係のないところでモノづくりそのものが支配されることもある。

    ともあれ、このSTRIDA用TRAVEL BAG。街でのフォールディング状態を徹底的に検証。段差、階段などでSTRIDA本体を持ち上げることが何度かあることを想定して、元々英国人インダストリアル・デザイナーのマーク・サンダースがヒントとした「フォールディングプラム(Folding pram)で母親が地下鉄に乗るように」を最大限に活かした機能を盛り込んだ。

    今のところプロダクションは全くの未定だが、春の訪れとともに皆様からFeedbackをいただけるようなことがあれば、真剣にその実現を検討したい。
    .....商品詳細ページ