THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT

10/10
Fri

HOBO GRAVEL / Japan SMU / GRAVIS / CA, USA / 2008
CATEGORY:PRODUCTS

メッセンジャーバッグ事情はこの冬に向かって大きな転換期を迎えている。

その傾向は
*サイズの小型化
*素材の見直し
*ストラップ長調整の自由度

となる。

サイズの小型化については、日本人はそもそも大きなBAGが苦手で、できれば小さなBAGを持ちたいということが本格的に表面化したというものだ。一方で洋服のサイジングがより小さめになったことで、いままでポケットに収まっていたものを持ち歩く必要が生じたため、できえば小さなBAGを、というニーズが発生している。

素材の見直しについては、TARPなど実際の使用に便利なものの人気には変化がないが、少しハードすぎるこうした傾向に対して、それらを避ける人たちが出現しはじめた。実際にはメッセンジャーがよりアーバン傾向を模索する中で、こまでメッセンジャーの類いを使わなかった人達の開拓に成功した。多くの実戦的な素材を嫌う方々は実はこうした新しいカテゴリーの顧客であり、モノづくりをする方としては、それらにマッチしたプロダクトの開発が急務となっている。

最後にストラップ長について。これは「どれだけ短く調整できるか?」ということにこだわる方が増えている。一部「ワンショルダーBAG」への回帰という印象もあるが、基本的には「身体にフィットさせられるオプションがあるかどうか?」ということになる。

さて、HOBO。
実はこのBAGも長い間、日陰暮らしが続いた。サイズが小さすぎるということが当時のFeedbackだったが、実際にはサイズを再検討した結果、SIDEARMでも大きい方にちょうどよいサイズとなった。

そして、ファブリック。夏の終わりに今回のコレクションで好評だったGRAVELを採用。HOBOとしてはこれまでになかった非常によいプロダクトに仕上がったのではないだろうか。

HOBO GRAVEL : 4830 JPY
.....商品詳細ページ