THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2018年10月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    BNC010 / Digital Clock Radio / Braun GmbH / Kronberg, Germany / 2013
    京都、雪
    STRIDA THE WELBECK GALLERY専用 ステッカーキット
    GW1020 - Westminster / Ben Sherman / 2009 / England, UK
    MY SPACE STAGE AT MAYERHOFEN

    12/02
    Sun

    BURTON SPEED ZONE レーシング ブーツの履き方
    CATEGORY:PRODUCTS

    レーシング(Lacing)。靴ひもというかブーツのひもを結ぶ行為のことだが、ある意味編み物のように注意が必要ということでもあり、ある人にとっては少々面倒なことでもある。

    ブーツにせよ靴にせよ既製品で完全なフィットを得る事は非常に難しい。これは皆さんもよくおわかりで、人間の足には個性があるからだ。また、その日の調子や朝・夕などでも足の形状が変わる事も知られており、オーダー品でもこれを計算に入れて造られ、1日中完全にフィットするものは本物の一級品と言える。

    このような状況において長い歴史を持つ靴の解決策がひもによるフィティングシステムである。当たり前の話だが、靴は表示サイズで選ぶのではなく実際に履いて選ぶもの。既製品(プロダクト)におけるサイズは統一基準などが存在するものの、それを使う人にとってはあくまで「目安」でありフィットを選ぶ権利は使う側にある。

    さて、BURTONのSPEED ZONEレーシングであるが、これはキャリアの長い方ならご存知かと思うがブーツにおける「簡単システム」の流れの中で登場した方式である。BURTON自体はこの簡単システムの導入は実は業界では最も早くそれを導入したブーツメーカーではなく明らかに後発メーカーである。しかし、幸運なことに初期の簡単システムが「締める」という事だけに着眼していたため、使い手が「締める=フィットを自由に調整できる」ということに出遅れいた中で、登場させたもので主眼はあくまで「フィット」におかれていることが特徴だ。

    しかし、このブーツ。履き方に一定のコツのようなものがあってそれを知らずに試し履き、サイズを決めて購入する人があとをたたない。

    ということで、試し履きに行く前にまずはブーツの履き方を理解するということを目標に少しご説明をする。


    まず、写真1。
    ブーツを履く前の準備として完全にブーツのレース(ひも)をインナー、アウターともゆるゆるにする。この作業がちゃんとできていないと足を入れた瞬間にほとんどのブーツは小さく感じるはずである。とにかくゆるゆる。これを確実に行う。

    写真2。
    足を入れる。ブーツのライナー(インナー)はあらかじめ特にくるぶしまわりを固定するためにかなりの凹凸がついている。そのため普通に足を入れると多くの場合、足がブーツのつま先側に押し出される感じとなり、つま先、甲のあたりが非常に窮屈に思える。そのため次のステップでかかとをブーツのかかと側へ押し込むことを行う。またこの時点ではレースは締めてはいけない。
    .....商品詳細ページ