THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2020年2月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    BIKELAB.K / My garage in Tokushima / 2007 - / Anan, Tokushima
    「かわりやすい」ということ
    SP370 SUZUKI MOTOR CO.,LTD - 1978
    READING AUTUMN 3
    歩きやすい。秋の京都の社会実験

    04/21
    Tue

    MAJESTY COMP. / Habitat / 2008 / Dayton, OH, USA
    CATEGORY:PRODUCTS

    以前よりスケートとアートの問題をストリートという切り口でお話をしているが、この度、顧客のお一人からのリクエストでオハイオのHabitatよりスケートのコンプリートを取り寄せることにした。

    音楽、スポーツ、カルチャーなどどんな影響であれ新しい事に興味を持って、とにかく始めてみるということは、豊な人生を送る上において重要なことだ。

    日本は1980年代以降、本格的に大量消費社会が成熟化する中で、「モノから入る」というひとつのスタイルが定着した。これは、必ずしも道具が必要なことを始めるにあたって、道具がなければ始まらないという事を意味するのではない。とにかく、いいモノから買うというスタイルだ。

    このスタイルには2つの考え方がある。
    ひとつは、後々その人の技術の向上を助けたり、結果的に長く使える道具を選択するという意味において、最初からいいものを買うという考え方。これには、モノ、コトの両面において豊な経験を持つ人のアドヴァイスなどが影響する。

    もうひとつは、イメージによる選択だ。「なんとなくいいから」「よく見かけるから」など、自分自身に選択のための確かな情報がなくとも、人はそのようなイメージからモノを選択する。

    しかし、モノづくりをし、市場に提供する者はすでにこの傾向に気がついている。ほどよいイメージ、ほどよい機能や性能をうまく製品としてまとめているのだ。しかも、経済的な問題でそれらに手が届かない人のことも考えている。

    スケートは本来デッキ、トラック、ウィールと自分で好きなものを選び、それらを組み合わせる。しかし、こうしたコンプリートものがあることは、その段階に至っていない人にとっては非常に楽な選択となる。また、こうして手に入れたものは後々、最初に手に入れたものとしてその人がそのコトを進めていくなかでうまい具合にベンチマークとなるのである。

    かつて、プロダクトを提供するものは経験までをも提供することはできなかった。しかし、それらを提供できるようになった今、楽な選択にせよ、むしろ選ぶ私たちの方にそのモノづくりの意図を汲み取るだけの準備が必要なのだ。

    ただし、ご心配なく。THE WELBECK GALLERYは人とモノが出会う場所として、他では提供しえない、「あなたの選択基準」に敬意を払い、またその自信を深めるための知識と経験を提供する。
    .....商品詳細ページ