THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT

09/21
Fri

最初で最後まとまった説明(ブーツ/男性編)
CATEGORY:PRODUCTS

Governorの半ば道楽でやらせていただいているスノーボード関連のプロダクト。
とは言うものの、ギャラリー経営という事業において「道楽的」というだけで、道具選びの際にはお客さまにギャラリースペースをほとんど貸し切り状態にし(時間は1時間ほどでご勘弁いただきたいが)他の方を気にすることなくじっくり選んでいただけるような努力をしております。

さて、男性用のブーツがちょっとまとまって届いたのでプロダクトに焦点をあてるのではなく「選び方」の部分をまとめてご紹介しよう。

ブーツはある意味機能素材の集合体のようなもので、それらの組み合わせであらゆるニーズを満たそうとしている。大きく分けると、ライナー(インナー)、シェル、アウトソール(ソール)によって構成されているが、本日は特にライナーとシェルからお話をする。

まず、シェルとライナーについて基本的な理解としてお覚えいただきたいのが
「フィットはライナー、フレックスはシェル」ということである。
フィットもフレックスもベストであれば問題ないが、多くの方が実はどちらかを優先しているので、ブーツ購入を検討中の方は自分がどっちを重視するのかをよく考えていただきたい。フィットで泣いてきた人は当然、フィットでライナー重視。フレックスで泣いてきた人にとってはシェル構造が気になるところである。外国製品で泣いてきた人の多くはフィットであることが多いのも事実。しかし、BURTONのブーツはよく出来ている。足型が絶妙なので「よくこれで外人が納得するなー」と思うくらいの出来である。これらは長年のFeedbackの蓄積の結果である。



写真2枚目にある3種類は「仲間」としてとらえていただきたい。BURTON08のカタログで立体裁断カフとうたわれている部分が装備されている種類だ。立体裁断カフ族はシェルが足首部と足部に分かれているためにごく自然なフレックスをする。単純に違和感が出にくいことが特徴だ。デメリットとしてはシェルが途中で分断されているためにサポート力は当然のことながらシェルのつながった通常のブーツからすれば落ちることになる。
しかしだ、私は日本国内のスノーリゾート(スキー場)のコースレイアウトや規模においてこの立体裁断カフでつらくなる場所は全国約600ヶ所の内10%にも満たないと考えている。ということでギャラリー在庫にもこちらの立体裁断カフを多く置いている。

その中でもシビア感で行けば順番は左下から徐々に上がると考えていただきたい。一番気軽なWARHOL。最もオールラウンドかつ、スピードが上がるシーンではSpeedZoneをちょいとしめれば問題なしのSERROW、そして妥協ナシのSL10となる。ここで間違ってはいけないのはSL10は「硬い」と思うことである。実は全然硬くない。SL10はガッチガチにしめてもハイエースを運転できるほどである。なので40歳前後の大人のスノーボーダーの方で「オレは1日集中して3時間ほどしか乗らない」とおっしゃる方には以外と喜んでいただける。その線で話せばSERROWは少ない貴重な休みを利用して、山に来たらがっちり乗るという方向け。理由はカンタン。そのような方は長時間のライディングが多く、それにはSERROW装備のアウトソールが必要だからだ。じゃWARHOLは?WARHOL好きか、そうでなければ「いやーなんだか解らないんだけど、結構いけるんだよね」という道具じゃなくて乗り手でしょ?を自でいく人がはいていると異常に渋い。しかし、なにげにしっかりしているので実は買い替えサイクル3年くらいの人に合っている。

さて、話も長くなったので写真3のショーンホワイト。業界で一番の有名人のシグネチャーモデルなので、抜け目がないのが特徴といえば特徴。そりゃ、いろんな人が注目してますから。性能的にはオーソドックスなシェルにノーマルレース(ヒモ)となんら変わったところがないが、先ほどの3つからすればフレックスはまあまあ貼りのある方。理由はカンタンでショーン自体CUSTOMバインディングと合わせてライディングするなど、バインディングゆるめ設定なのである程度ブーツがそれを支える役目を果たすということと、シンプル構造で軽量かつ、壊れにくいというのがさすがプロという感じです。ということで、ショーンホワイトについては、成長中の若者やSpeedZone嫌いの方、あとはシーズンで結構日数乗る方にはもってこいです。

*構造は違いますが、WARHOLとショーンはFeeling上結構似てます。


やっとライナーの話ですが、
これはSL10だけが全くのベツモノ。理由はSL10を除く他の3つはインプリントライナー3。SL10だけインプリント5というライナーが使われています。インプリント3は完全にフィットに注力したライナーで、これでフィットしなければブーツチューナーに持ち込まなければ無理というレベル。なので1日はいてても疲れない。また経年変化も少なく「ヨレない」のが特徴。もともと今のEVAライナーに変わってからBURTONブーツは結構全ライン「イカつい」ライナーで超攻撃的だったのが「心地よさ」という重要な性能強化を行った結果でてきたのがインプリント3。なので、ブーツ選びの規準はインプリント3かどうかということになる重要な標準機的な役割を果たしている。(ただし、初心者、中級者など上手くなりたい一心の方にはサポート力が必要になるので、インプリント2や1が存在する)
ではSL10のインプリント5って?これはEVA時代以降BURTONブーツチームが純粋に求めてきた性能を追求し切った方向性のモノ。軽量化+サポート+心地よさの絶妙バランス。乗っている人にはわかる世界。こういうブーツは履きっぱなしで1時間ほどお店に滞在しないと本当のよさはわかりません。


ということで、かなりの長文となったのでこれ以降はFeedbackとそれぞれのプロダクト紹介でご説明させていただいたいと思います。

それと、女性の方(多分ここまで読んでくれている女性は少ないと思う)へ。
女性の方へは女性の方へのちゃんとしたご説明を行いますのでどうかお楽しみに。
.....商品詳細ページ