THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2019年8月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    MW1111M / Ben Sherman / 2009 / 2009 SS Collection / England, UK
    Thank you for supporting THE WELBECK GALLERY.
    APART relocate to LA
    さりげなくスペシャルオファー中
    冬から最も遠い日

    12/06
    Mon

    LS121-TS / Desctop Calculator / Canon Inc. / Tokyo, Japan
    CATEGORY:GALLERY

    商売電卓の決定版。CanonのLS121-TS。



    そもそも商売電卓の存在を知らなかった私がこのプロダクトに行き着いた経緯。それははその前段階でいわゆるデザイン電卓と言われる製品群に目を通していた所から始まる。同社のデザイン電卓X-Mark lを眺めていた時にこのクラスでは当たり前になったメモリー計算機能のコマンドキー「M+」以外に「COST」「SELL」「MARGIN」という見慣れないキーを発見したのだ。

    デモ機でそのキーを使っていろいろやってみたが、どうも使い方が解らない。と、ふとした所でそれぞれのキーが「原価」「売価」「粗利率」を意味していることが解ったのである。

    そうなると、デザイン性よりも機能ということになり、同社の同じ機能を搭載した電卓を探し始めほどなく発見したのが、こちらのLS121-TSだ。

    細かい使用方法の説明は割愛させていただくが、この電卓使い方によってはかなりの効果を発揮する。まずは、複雑なマージン計算の答えは人間の脳と小学生の時に学んだ四則計算の組み合わせが導き出しはするが、この電卓だとキー操作のみで直感的に計算することが可能だ。あまりに直感で行けるので思わずこれまでの計算方法でダブルチェックしてしまうが、ちゃんと最終的な答えは合っている。(あたりまえ)

    よく数学の世界においてクリエイティブな計算という言葉を聞いて正直「?」と思っていたが、なるほどそういうことはあるものだとこの電卓で学んだ。単純な関数の入ったたった3つのキーが電卓というドミナントデザインに少しの革新をもたらした瞬間をこのプロダクトを通じて知ることになるのである。