THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2018年6月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    BURTON ANDY WARHOL COLLECTION - WHEELIE DOUBLE DECK
    Alphabet Ice Cube Tray / suck uk / England, UK / 2008
    SP370 近況報告 ドキュメント御礼 +
    オトナのキレイ系(男性編)
    ANALOG MOVING PICTURE PROJECT

    07/11
    Sat

    Superga / 1930's - / Italy - Oi Polloi News Release
    CATEGORY:GALLERY

    マンチェスター、Tib StreetのOi Polloiから久しぶりのニュースリリースが届いた。





    イタリアのSuperga、いわゆるローテク・スニーカーである。
    vulcanised rubber soleはローテクの象徴でもあるが、Oi Polloiによれば、何よりも重要なことはそのカラーウェイ。時代に合わせて少しずつ変更を重ねて来たオリジナルカラーから一旦離れて、1930年代のカラーウェイが戻って来たことを今回は特に歓迎している。

    ここに来て日本国内でもvulcanised rubber soleを探していらっしゃる方が増えたが、実際に実物を目の当たりにすると、どうも購入を躊躇するという方も多くお見受けする。

    気持はわかる。おそらく、イメージとして「ローテク過ぎる」または「安っぽく見える」のだろう。そんな皆様へのVulca履きこなしをコツをひとつご紹介する。


    基本は「あまり気合を入れすぎない」ことである。
    Valcaに代表されるローテクの隠されたキーワードは「リラックス」「スロー」「自分自身」ということになる。流行っているからと言ってValcaの靴を買おうとすると、ここに来てローテクを志向する人々が求める本来の意味を見失ってしまい、「気合先行」となる。

    これは、雑誌などからヴィジュアルだけを切り取って解釈した結果とも言える。重要なのは流行をサラッと流せる自分自身。世の中の流れと決別するのではなく、その中で自分の選択をしっかりするということができることに注目してみてはどうだろうか。