THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2019年8月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    お墓参り
    木曜日。雨の休日
    kilburn lane
    Creation for "BYS DNT CRY." / Akiyoshi Takada / 2010 / Japan
    CARLOS LOW / GRAVIS / 2009 / Irvine, CA, USA

    09/05
    Fri

    TEDDY BEAR LAMP / suck uk / England, UK / 2008-
    CATEGORY:GALLERY

    今回もギリギリだが紹介出来る内容だったのでsuck ukの新プロダクトリリースをご紹介する。

    秋から冬のシーズンは日本にも「夜長」という言葉があるように、長い夜を過ごすためのプロダクトが数多くリリースされる。特に照明類は直接この時期の空間の雰囲気を決定付けるものなので、照明好きな愛好者にとっては非常に選択肢の充実した時期でもある。

    suck ukはそんな時期にTEDDY BEAR型ランプをリリースする。形状から言えば、同じ英国出身の「パディントン」がモティーフになっているのがよく解る。
    しかしながらなぜ、このプロダクトが「ギリギリ」なのか?

    それはこのなんとも言えない「違和感」だ。リリース文には『柔らかいテディーベアーのボディーに頭がランプ』とあるが、帽子の部分がかさにはなっているものの、本来ならばテディーベアー自体にやはり「頭」はつくべきと多くの人が感じると思う。

    ゴム製の灰皿といい、いつもハラハラさせるモノづくり。ここまで徹底しているからsuck ukなのだ。