THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2019年5月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    北海道へ その4
    READING AUTUMN 15
    PARTY APART
    Terminal C / Newark Liberty International Airport - EWR (IATA) / 1988- / City of Newark, New Jersey
    MYGW 3 - 309 THE CANTEEN

    05/23
    Fri

    New HVR200-22 / Henry Dry Vacuum / Numatic International / England, UK / 2007-
    CATEGORY:PRODUCTS

    Henry掃除機が発表されたのが1981年。2007年にそれ以来はじめての大きな変更があった。HVR200-22の登場である。

    Henryの特徴である1200Wの出力を持つモーターは毎秒45リッターのエアフローをもたらし、9リッターの大容量を誇る高性能フィルターバックを備える。今回の大幅な変更後もこれら元来業務用としての掃除機そのものの実力は変わっていない。

    今回最も大きな変更は新たに2ステージモーターが装備されたことである。写真のように新たにエアスピードをHi, Loの二段階で調整するスイッチがつき、そのスイッチパネル増設のため、エクゾーストエンドの形状が変更となった。

    この2ステージモーターの使い勝手だが、これまでだとHi側しかなかったために床掃除の際のハイパワーは非常に良かったのだが、ノズル交換をしてカーテンや棚などを掃除する際には、途中のパイプでエアフローを逃がしながら吸引力を調整する必要があり、少々面倒だった。これがこの度の変更で見事に解消された形となった。また、このLoモードは強すぎる吸引力のためにいつも引きずられていたカーペット掃除の際にも威力を発揮する。

    1200Wクラスで5万円を切る価格設定も魅力だが、Made in UKのプロダクトがなかなか無い中、Henryそのものが普通に日本で手に入ることも昔から考えれば、十分魅力である。




    .....商品詳細ページ