THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2019年7月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    2010 AK 2L STAGGER JACKET / BURTON / 2009 / VT, USA
    また旅に強い味方
    SOY SAUCE BOTTLE / Noriaki Watanabe / Japan
    2.5 LAYER SLICK JACKET / BURTON / 2009 / VT, USA

    06/06
    Sat

    結婚式2次会へはスカーフで
    CATEGORY:GALLERY

    日本型の結婚式は様々なカタチを経て現代のカタチに落ち着いている。

    通常、神道の神前式などは親戚の中でも非常に関係の近い人しか参加できない。次にキリスト教式。基本的にはお祝いしたい人は誰も参加できるが、現在日本で教会以外で行われている方式だと、ホテルの中にある会堂で行われる為に、おのずと披露宴の案内が届いている人しか参加できない。仏式。これは残念ながら参加したことも、実際に仏式で行った方からお話を伺ったことがないので内容はよく存じ上げない。最後にトレンドで言えば人前式。これも、多くの場合、案内が送られて来ないと参加出来ない方式で、会堂など特別な施設でなくとも挙行可能なので、レストランやホテルのバンケット(宴会場など)で行われることが多い。

    とこれまでは主に披露宴を中心とした「いわゆる」日本でよく行われる結婚式の1次会の話だ。(少なくともこれを1次会と呼ぶ人はごくまれだが)

    さて、2次会に話を移そう。結婚式の2次会は1次会に呼べない多くの人を収容するためのものであるという考え、親戚の多い披露宴では出来ない内容を行うためのものであるという考え、主に友人が自発的に結婚する2人のために催すパーティーであるという考えなど、その取扱は様々だ。

    しかし、たいていの場合、友人が主体となって行われる2次会はあまり聞かない。これはかつて1次会を受けるホテルなどが2次会も引き受けるというサービスを始めたこともあり、挙式、披露宴、2次会までは当の本人が用意するというカタチに現在のところ落ち着いているように思える。

    私はこれまでの経験で言えば、ほとんどが挙式と披露宴の案内が届くために、2次会のみという経験は実はあまりない。ただ、これまで出席した2次会については「本当に僕みたいな人を呼んでいただいて、ありがとう!」と感謝するのみというところが実感だ。それは、普段はあまり密なおつきあいは出来ないとは言え、結婚式には是非来て欲しいという、うれしいお知らせだと感じているからである。


    では本題。
    結婚式の2次会にどんな格好でいけばよい?という素朴な疑問だ。私はスーツを毎日着る仕事をしていないので、スーツさえ着れば一応「ちゃんとした」格好だと思っているが、どうしてもそのスーツ姿は「これって、別にちゃんとしたプレゼンテーションに行く時となんら変わりないな」と思ってしまう。いわゆる普通の(ちゃんとした?)格好というだけなのだ。

    私のことはいいとして、普段スーツを着てお仕事をされている皆さんにとっは、もっと困った状況があることを最近になって知った。というのは、スーツを着たからと言って、それは私とは比較にならないくらい「もっと、普通の格好」ということだ。

    そもそも、この事を知ったのは顧客の皆様がシャツを購入される際のひとつのきっかけとして、結婚式などで「脱普通スーツ」をはかりたいという意思があるということだった。そして、シャツでひとまず脱普通を果たした方の次の悩みは、タイ、靴となっていく。

    THE WELBECK GALLERYではGovernorの趣味もあって、スカーフの導入を強くお薦めしている。そもそもは私がステージに立つのに、タイ以外なにかないかな?と考えていたところにmerc londonなどがタイミングよく、スカーフをリリースしていたところから始まったのだが、今では私も2次会にお招きいただいた時などはスカーフで行くことにしている。

    次なる問題として、スカーフってどうやって使うの?というところだと思うが、これはご心配なく。ビシッと決まる方法を皆様に丁寧にご指導させていただいているので、どうか安心していただきたい。