THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2019年12月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    Henry Green
    あらゆるものがリセットされる。2010年の新年
    GW3005 BARNHAM / 2009 / SS COLLECTION / Ben Sherman / England, UK
    SPACEAFFAIR / NANA IWASAKI at neutron
    木曜日。雨の休日

    01/09
    Fri

    SEASON'S GREETINGS / MORIKAGE SHIRT KYOTO / PRINTED CREATIVES / 2009 / Kyoto, Japan
    CATEGORY:GALLERY

    いつもお世話になっているモリカゲシャツキョウトさんより季節のご挨拶をいただいた。通常ならばこの辺のものをこの場で紹介するのはいかがなものか?と思ったりもするのだが、クリエイティブに衝撃を受けたのでご紹介する。

    シャツ屋さんモリカゲシャツキョウト。河原町丸太町上ルの店内はミニマルで、その中でシャツが作品のように並んでいる。しかも、必要最低限の数だ。
    そういう場所だとなんだがあらたまってしまうのだが、スタッフの皆さんのご対応が全くミニマルではない。(うるさいと言う意味ではない)一言で言えばアットホームなのだ。このサービスに、プロダクト、さらに空間というある種"Mixed Media"作品のようなものの中にいると、正直持てるものなら、将来シャツだけをかけておく専用の部屋を持ちたいと思ったくらいだ。

    さて、本題。何がスゴいのかと言えば、シャツの存在感である。見えてるシャツの手前も奥も気になる。是非とも見てみたい!と思うこの存在感は、いわゆるクリエイティブの見栄えを良くするという手前のテクニックでは到底無理。そう、シャツ自体に力があって、その力を理解している人がつくったクリエイティブというものだ。